西成萩之茶屋商店街 居酒屋「もりた」

2010/05/10

f0128223_17544347.jpg
ここはいつも満員。
今日はカウンターではなく、壁際の立ち呑みスペースでスタート。
ここも淡麗生が290円で飲めるのが嬉しいですね。

お酒は菊正宗と大関がありますが、指定しなければ大関になります。
f0128223_17551659.jpg


とこぶしの煮付けは素材の良さが判りますな。
f0128223_1823110.jpg


豚ベーコンは肉厚で弾力もあり食べ応えがあります。珍しい鯛の白子の湯引きも。プッリプリです~。
f0128223_17565057.jpg
f0128223_17565632.jpg


めばるのがしらは味付けも濃くなく、素材の旨さを引き立てる味付けに。
f0128223_17571896.jpg


ぜんまいの煮付けと焼きそらまめどちらも、これおも素材の良さが食感で判ります。
f0128223_17582789.jpg
f0128223_17583472.jpg


大阪では珍しいウナギの白焼き。それと自家製の春巻き、どちらも一流料亭の味ですな。
f0128223_1811698.jpg
f0128223_181252.jpg

このほかにも大概飲んで食べて、一人2500円程度でした。


2011/11/05

先月GREEの主宰コミュニティ「大阪B級グルメ天国」の西成ディープゾーンツアーオフ会で久々に訪れました。
相変らず、西成ならではの価格ととても新鮮なネタで良心的な手仕事で、
メンバーも皆さん舌鼓を打ちながら唸ってはりました。

鰻肝は鮮度の良い素材を、レンジでチンではなく、網で焼いてタレを付けていただけます。
弾力があって鮮度の良さを実感します。

e0083155_1156429.jpg
e0083155_1157641.jpg


タラの白子も歯ごたえのあるプリプリさ。
これも鮮度の良さを感じます。
お一人様用八宝菜。さすがにこのメニューだけはレンジでチンでした(笑)

e0083155_11592428.jpg
e0083155_11593477.jpg

こぶりの鍋で一人チゲ鍋もあります。
食べたあとはラーメン、雑炊と三度楽しめますよぉ~。
どれもおいちかったス。

大将に勧められた、珍しい発泡酒「淡麗」の生ビール。
これがキメの細かいなめらかさで普通のビールより美味しいハイレベルな味でした。
イチオシです。
e0083155_1205028.jpg


e0083155_12179.jpg

いつまでも続いて欲しいお店です。
最近、明らかにこの界隈の人種ではないと思われるお客様が増えていますね。
今回も女性のお一人様と二人連れに遭遇しました。
[PR]

by hinomarufighter | 2011-11-07 06:55 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/12618531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。