京橋フグ料理「太っ腹」

大阪ではフグちりのことをてっちりと呼ぶほど、ポピュラーな料理です。

年末に親しい仲間との年に一回のてっちり会で京橋の「太っ腹」に行って来ました。
場所はJR京橋駅を降りて、環状線の東側沿いに歩いてアーケードを抜けると、
一号線の信号に出ます。
そこを渡ってスグ左手にありますよん。

ここの特徴は通称「あぶら」と呼ばれるフグキモが沢山食べられること。
フグキモは怖いイメージがありますが、養殖フグには毒性がないそうです。
頼めばいくらでも出してもらえます。


付き出しは皮の湯引き、フグキモ、白身の酢の物。

e0083155_1971847.jpg


続いてはてっさ。
ここのはやや厚肉。やっぱり歯応えがしっかりしてる方が食べ応えがありますな。

e0083155_191022.jpg


てっさとなると日本酒が飲みたくなって、早くもひれ酒をオーダーしました。

e0083155_19105526.jpg


そうしてメインのてっちり。
運ばれてきたときは身がピクピク動いていました。
すばやく解体して新鮮なうちにテーブルに運んでくるのは、板前さんの腕の真骨頂でしょう。

e0083155_19125822.jpg


お酒はひれ酒に継ぎ酒を2回、
あとは仕事の疲れもあって、烏龍茶を3杯で6000円程度でした。
[PR]

by hinomarufighter | 2012-01-15 08:34 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/17217570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。