南禅寺で湯豆腐を食べました

2日の日曜日は大学時代の友人四人と京都南禅寺前の「順正」で懐石料理を食べました。

e0083155_13333885.jpg

このお店は庭が綺麗で有名なのですが、
あいにく夕方に到着したもので全容を楽しむことは叶いませんでした。

京都地下鉄東西線の蹴上駅で下車、
南禅寺への産道沿いにあります。

駅を降りると、正面には都ホテルの立派な庭が見え、
海外文化交流会館はクリスマスということで綺麗に電飾されていました。


e0083155_12262622.jpg
e0083155_12263566.jpg
e0083155_12264313.jpg

宴時間まで少し時間があったので、
南禅寺を久しぶりに訪れました。
紅葉はそろそろ終わりでしょうか、それでも真っ赤な紅葉が沢山残っていましたよ。
日が落ちて、建築物の迫力が伝わって来なかったのが残念ですが、
お昼に見ると壮言な迫力でしょうね。
またいつか、お昼に来てみたいものです。

e0083155_12275921.jpg
e0083155_1228729.jpg
e0083155_12281683.jpg

通された個室からは昼なら庭を眺めることが出来て、
もっと素晴らしかったことでしょう。
カップルで来るなら「書院」という個室がgooですゾ。

e0083155_123283.jpg
e0083155_12321744.jpg
e0083155_12322579.jpg

名物は湯豆腐なのですが、湯豆腐と湯葉も含めた懐石料理は10000円のコースです。

これは八寸。どれも京都らしい薄味で、細かな仕事は流石ですね。

e0083155_12332021.jpg


こちらは湯葉。
下から豆乳を温めて、表面に浮き上がった湯葉を竹串ですくって食べます。

e0083155_12342942.jpg


こちらは椀物。

e0083155_123457100.jpg


名物の湯豆腐は味が濃厚というわけでもなく、ええ塩梅ですな。
やわらかく、口の中で溶けるような風味です。

e0083155_1237660.jpg


こちらは焼き物。西京焼きと京都名物のえびいもの焼いたものです。

e0083155_12375676.jpg


〆のごはんは湯豆腐の豆腐よりも更にやわらかい豆腐を御飯に乗せて、出し汁をかけていただくお茶漬け。これは美味しい!ッス。

デザートは渋柿を一晩酒に漬けた甘い柿と黒蜜ゼリーでした。

e0083155_12394711.jpg

料理は他にも沢山出ましたが、写真を撮れてません。

どの料理もハイレベルで、
給仕する仲居さんの躾も良く、庭、料理を含めバブミシュランの星3つです。

僕以外は社長、大企業の理事、設計事務所所長とセレブばかり。
僕だけ飛び抜けてショボイですが、
それでも毎回お誘いを受けるのはありがたいこと。

同級生の気安さで、お偉方とも楽しめましたとさ。
[PR]

by hinomarufighter | 2012-12-12 10:58 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/19332521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。