染色したスニーカーの脱色

スニーカー黎明期は西海岸のコンバース、東海岸のプロケッズとして双璧をなしていたプロケッズ。
僕はアイビーリーガーが愛用してたということで、プロケッズのファンでした。

コンバースはナイキに買収されましたが、今でも定番の人気ブランド。
片やプロケッズは消えたと思ったら復活してまた消えて…。
最近再び復刻を果たし、大手販売店で陳列されているのを良く見かけます。
手に取りましたが品質もしっかりしてそうです。
スエードモデルもラインナップされていました。

これはもう約10年前に、街で見かけて即買いした生成り生地のプロケッズ。
後で気づいたのですが韓国製でした…。
購入後すぐにダイロンの明るいスカイブルーに染色したのですが、元々生地の汚れがあったようで染色ムラになりました。(同時期に購入、染色したコンバースはムラなく綺麗に染色出来たのに…)
暫くして濃いネイビーに染色したのですが、今度はゴム部分が劣化してて染料が染み込んでしまいました(泣)

e0083155_18441409.jpeg

今回はダイロンの脱色剤で脱色したのですが、少ししか脱色出来ず。
おかしいなと良く良くパッケージを見ると、
脱色剤ではなく「洗濯で色移りした生地」限定用途の脱色剤と記されてました。

e0083155_18443843.jpeg

ネットも調べましたが、
ダイロンの脱色剤は廃番になってて、今は色移り生地の脱色限定用途のみ販売。
かつて使用した脱色剤では完璧に脱色出来たので残念です。

結局、薄くしか脱色出来ず、しかもまだらに脱色…。
下の写真のような塩梅です。
但し、ゴムに染み込んだ染料は劇的に脱色出来ましたっ。

e0083155_18451018.jpeg
e0083155_18452376.jpeg
e0083155_18453823.jpeg

脱色後の色は長年使用の色褪せ感がありますし、まだら模様もヤレた味出しと思えばこれはこれで良ーしと勝手に解釈して(笑)引き続き愛用していきます。

紐を通すとこんな感じです↓↓↓

e0083155_19300379.jpg
e0083155_19301027.jpg
e0083155_19302046.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-10-09 06:06 | 古着/リメイク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/24698797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。