京都サンドイッチ「志津屋」 料理・お弁当部門

第一回プラチナブロガーコンテスト

カウンセラーの仕事は、多くの人達が休みとなる土日がかき入れ時。
毎回ランチタイムをゆっくり取る間も無く、デスクでサンドイッチを短時間で食べてすぐに仕事をします。

なので土日は烏丸駅構内の志津屋でサンドイッチを買って出社します。

e0083155_18154801.jpg

そんな短いランチタイムですが、志津屋のサンドイッチの美味しさにいつも癒されます。

歯応えのいい新鮮で大量の野菜、同じく大量で手作り感を感じる卵ペースト、水分タップリのオムレツ、上品な味のローストビーフ、柔らかいパン生地等々、他を圧倒的に凌駕しています。

ここのサンドイッチを食べる前は、コンビニサンドイッチもここまで進化したのかとびっくりしてましたが、
志津屋のサンドイッチを食べてしまうと貧弱さにガックリする程です。

僕のお気に入りは、
卵ペーストとレタスたっぷりのイタリアンサンド 275円

e0083155_18114548.jpg

残念ながら最近見かけなくなった、ローストビーフととろりーた390円。
薄めのローストビーフの美味しさもさることながら、ソースが絶品なんです。

e0083155_18122777.jpg
e0083155_20330041.jpg

元祖ビフカツサンドのミニサイズ。
ビフカツサンドハーフ 255円
厚みのあるビフカツは柔らかいですが、こちらもソースがビフカツの旨さを引き立ててます。

e0083155_20340880.jpg

ふんわりオムレツサンドは480円。
フワフワで水分たっぷりの肉厚オムレツは薄味で食べ易いです。
腹持ちもいいですよ。

e0083155_20325073.jpg


バンズ系もオススメ。
フランスパンなみに少し固めで粘り気があるバンズが特徴。
ペッパーカルネ180円はコショウと塩味の効いたポテトサラダがロースハムとうまくマッチしています。
バンズを開くと一面ロースハムです。

e0083155_18145912.jpg
e0083155_18171090.jpg

スモークサーモンカルネ330円
こちらもサーモンたっぷり🎵

e0083155_07362836.jpg
e0083155_07364570.jpg

こちらは豚まんならぬ、豚ぱん180円。
包装紙の豚さんのイラストが可愛いですが、期待した割に味はあまりインパクトがありませんでした(笑)
それでも豚まんよりは惣菜感があって美味しいです。
パン包みなので食べ応えがあります。
パンは薄皮アンパンのようにとても柔らかいです。

e0083155_20380005.jpg
e0083155_20382959.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-01-18 06:26 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/25170306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。