シェラトン都ホテル大阪「四川」の特別プランランチ

近鉄上本町駅に隣接するシェラトン都ホテル大阪の中華レストラン「四川」。
懐石料理のような薄味の味付けと繊細さ、洗練された給仕で親の代からのお気に入りレストラン。

ただ、自分の財布の懐ではなかなか利用出来ない高めの料金設定。
それが平日に限り「一休com」経由予約でとてもお得な料金でランチを楽しめるようになり、利用する機会が増えました。
5月のプランは通常6800円のランチコースがほぼ半額の3300円で楽しめます。
しかも特別に一杯目のドリンクとシェフお勧めスープ、デザート三種盛りが付きますので、実質はもっと割引率は高くなっています。
税サービス料金も込みの値段です。

隣席との距離も離れていますし、落ち着いた雰囲気と心配りが行き届いた給仕と相まってとてもくつろげます。
料理は毎回期待通りの美味しさ。
どなたでも満足出来る、個人的にはナンバーワンのお勧めランチプランです。

出される順番に料理を紹介して行きます。

ドリンクー特別プラン限定は生ビールを注文しました。
前菜盛り合わせは瑞々しい柔らかさの蒸し鶏、クラゲの和え物、特製チャーシュー。
チャーシューは辛子と醤油を少量加えると味が引き締まります。

e0083155_10064545.jpg

蟹肉と冬瓜のとろみスープー特別プラン限定は蟹もたっぷりで味付け控えめの上品な味。

e0083155_10070634.jpg

国産牛フィレ肉のXO醬ソース炒めは僕の大好物。
旨味が凝縮された柔らかな小ぶりのお肉と、これもやや薄味なXO醬ソースが好相性です。

e0083155_10072525.jpg

海老入り太春巻き揚げは素材の良さを生かした少々パンチ不足な味付けでしょうか。

e0083155_10075759.jpg

豚肉角蒸しはとても柔らかく、絶妙の薄めの味付け。
二度肉料理が出てくるのは嬉しい限り。

e0083155_10081452.jpg

ミルク豆腐のジンジャーソースがけも薄味仕様。
デザートのような軽さです。

e0083155_10085146.jpg

枸杞(クコ)の実入り中国粥は薄い味付けながらとても上品です。
醤油ダレが付いていますのでそれを加えると濃いめの味付けになり、Wの味付けで楽しめます。
薄切り搾菜付き。

e0083155_10092963.jpg

シャーベットは甘さ控えめ、これも他では味わえない洗練された美味しさです。

e0083155_10100364.jpg

デザート三種プレートー特別プラン限定は胡麻団子や中華餅等の甘い点心でホッと一息。

〆はコーヒーか紅茶を選べます。
お茶やミネラルのサービスも適時あり、至れり尽くせりの満腹コースでした。

ビールの他に8年ものの甕(かめ)入り紹興酒1200円をロックで注文しました。
目の前で甕からグラスに注いでもらえます。
味が濃厚で甘みも少しあって美味しかったです。

e0083155_10110748.jpg

親しい人と特別な語らいの時間を演出するのにいかがでしょうか。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-06-01 06:15 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/25803174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。