信貴山城跡にライトトレック

11日は信貴山山門までスクーターで行き、そこにスクーターを置いて信貴山城跡までライトトレッキングして来ました。
山門手前には沢山のお地蔵さん(*゚▽゚*)

e0083155_01151302.jpg
e0083155_01154562.jpg
e0083155_01161243.jpg

まずは本山の朝護孫子寺を目指しました。
本山までの参道は、大きな張り子の寅や休憩所を横目に見ながら、お年寄りでも歩けるなだらかな坂道です。
e0083155_01123610.jpg
e0083155_01100260.jpg
e0083155_18350693.jpg
e0083155_01112996.jpg
e0083155_18353424.jpg
e0083155_01114667.jpg
e0083155_01121696.jpg
e0083155_01263505.jpg
e0083155_01131389.jpg
e0083155_01133682.jpg

お天気も良く、朝護孫子寺からの眺めは絶景です。
e0083155_01055394.jpg
e0083155_01061499.jpg

朝護孫子寺から少し戻ったところに信貴山城跡への道があります。
e0083155_01144830.jpg

ここからは九十九折りの坂道が続きます。
元気なちびっ子達にどんどん抜かされるおっちゃん💦
気にしない気にしない、マイペースキープだよん。
( ̄∀ ̄)
鳥居を沢山くぐりながら登っていきます。
e0083155_01191115.jpg
e0083155_01193083.jpg
e0083155_01194800.jpg
e0083155_01200740.jpg
e0083155_01205341.jpg
e0083155_01210718.jpg
e0083155_01212581.jpg

山門から30分程度で信貴山城跡の看板が立っている場所に着きました。
ここまではおっちゃんの体力でも意外とスイスイ登れます。
ただ、城跡にしてはとても狭い平地だったので 興醒め…。
本当にここが城跡なの?って感じです。
e0083155_01214721.jpg
e0083155_01221896.jpg

ここから先に進むと松永屋敷跡があるというので行ってみることにしました。
さっきまでと打って変わって、今度は急勾配の下り坂。
帰りはここをまた登るのか…と暗くなりながら (笑)、
10分程度歩いたでしょうか、松永屋敷跡に着きました。
e0083155_01224568.jpg
e0083155_01230980.jpg

ここは広い平地部になっています。
看板の説明を読むと、信貴山城は550m×700mの広大な山城で、この松永屋敷跡もお城の一部とのことです。
木漏れ日の差す広い平地にたたずむと、かつての栄華を誇った面影もなく、廃城特有の切なさを感じます。
やっと城跡に来たと実感しました。
e0083155_01232773.jpg
e0083155_01234416.jpg
e0083155_01243147.jpg

降りて来た道を、最初の城跡の看板があった場所まで戻り、更に上に進むと 空鉢護法堂 に着きました。
ここにも信貴山城跡の石碑が立っており、信貴山城の広大さを実感します。
ここからの眺望も広大でホッコリしますよ〜。
e0083155_01240994.jpg
e0083155_01252076.jpg
e0083155_01245726.jpg
e0083155_01254642.jpg

登りより下りの方が、膝の関節に少し痛みを感じました。
小さな歩幅で歩いたつもりですが、日頃の運動不足が露呈しました…。

帰りにラーメン屋さん「アベノ日本一」を訪れたのですが、スープ売り切れで6時からの営業再開らしく入れませんでした。
オー、ノォォォォォォ!
また来ようっと。
e0083155_06441641.jpg
e0083155_06443031.jpg
e0083155_06444391.jpg

生駒方面からは、
近鉄東山駅を西に進み、広域農道(信貴山フラワーロード)を走り、信貴山まで約20分。
道草しながら、山門ー朝護孫子寺ー信貴山城跡ー松永屋敷跡ー空鉢護法堂ー山門 のコースで二時間程度のコースでした。
近隣の駐車場は終日500円。

夕方近くでしたが、中年のご家族連れも多く健康ウォーキングにオススメです👌🏻

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-14 06:02 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/25975440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。