談山神社ツーリング

「関西の日光」のキャッチコピーがある、
奈良の談山神社にバイクツーリングに行って来ました。

朝10時に家を出発したのですが、バイクのメーターの温度は7℃を表示。
冬のバイクツーリングは、寒さで身体が少し硬直気味になるので、
適度な緊張感があり、個人的にはダイスキです。

山奥深い談山神社は、紅葉の季節は既に終わっていて、
枯れ木が目立つ冬の景色になっていましたわぁ・・・(ノ▽・、)ショボボーン。
旧参道入口の山門は、かなり寂れた感じですが、
反面昔から変わらない風景なのでしょうね。
e0083155_1544256.jpg


500円の入場券を払い、長い石段を登っていくと、右に「恋神社」が。
女性二人がおみくじの内容を熱心に読み合わせしてやった(笑)
また左手には、改築を終えたばかりの珍しい十三重の塔があります。
e0083155_15443463.jpg
e0083155_15444051.jpg
e0083155_15444873.jpg


本殿は、回廊に囲まれた拝殿まで入場することが出来ます。
境内の地面一帯は、まっ黄色。
もみじの黄色い落葉絨毯に厚く覆われてました。
e0083155_1546677.jpg
e0083155_161778.jpg


奈良桜井駅から出てる談山神社行きのバスの終点には、広い駐車場があります。
そこから望む眺望は、
ここら一帯が「多武峰(とうのみね)」と呼ばれるのが、なるほどと思う、
多くの高い峰々峰を望める絶景です。
e0083155_1651179.jpg


おみやげは、清酒談山と奈良の名産「柿」生八つ橋にしました。
生八つ橋の中のあんにも、八つ橋生地自体にも、
ほのかに柿の味がする、上品な味わいでした。
e0083155_16215460.jpg
e0083155_15481857.jpg


帰り道、
大和郡山から生駒山地を望む風景と空の色が、まぁじ綺麗でしたん。
お日様を一杯浴びて、豊かな自然の景色に触れると、
心底リフレッシュ出来まする~。
人は自然と共存し、自然に包まれて暮らすのが最も素直な姿なのでしょう。

また明日から一週間、仕事を頑張れそうかなぁ?(笑)
e0083155_15482899.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2008-12-07 15:49 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hinomarufi.exblog.jp/tb/9156744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。