カテゴリ:プチ奈良観光( 70 )

信貴山開運橋からのバンジージャンプ

とうとう奈良にもバンジージャンプスポットが出来ました。
e0083155_18342477.jpg
e0083155_18343692.jpg
e0083155_18344995.jpg
e0083155_00560885.jpg
e0083155_00563881.jpg
e0083155_00581127.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-17 06:29 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

信貴山城跡にライトトレック

11日は信貴山山門までスクーターで行き、そこにスクーターを置いて信貴山城跡までライトトレッキングして来ました。
山門手前には沢山のお地蔵さん(*゚▽゚*)

e0083155_01151302.jpg
e0083155_01154562.jpg
e0083155_01161243.jpg

まずは本山の朝護孫子寺を目指しました。
本山までの参道は、大きな張り子の寅や休憩所を横目に見ながら、お年寄りでも歩けるなだらかな坂道です。
e0083155_01123610.jpg
e0083155_01100260.jpg
e0083155_18350693.jpg
e0083155_01112996.jpg
e0083155_18353424.jpg
e0083155_01114667.jpg
e0083155_01121696.jpg
e0083155_01263505.jpg
e0083155_01131389.jpg
e0083155_01133682.jpg

お天気も良く、朝護孫子寺からの眺めは絶景です。
e0083155_01055394.jpg
e0083155_01061499.jpg

朝護孫子寺から少し戻ったところに信貴山城跡への道があります。
e0083155_01144830.jpg

ここからは九十九折りの坂道が続きます。
元気なちびっ子達にどんどん抜かされるおっちゃん💦
気にしない気にしない、マイペースキープだよん。
( ̄∀ ̄)
鳥居を沢山くぐりながら登っていきます。
e0083155_01191115.jpg
e0083155_01193083.jpg
e0083155_01194800.jpg
e0083155_01200740.jpg
e0083155_01205341.jpg
e0083155_01210718.jpg
e0083155_01212581.jpg

山門から30分程度で信貴山城跡の看板が立っている場所に着きました。
ここまではおっちゃんの体力でも意外とスイスイ登れます。
ただ、城跡にしてはとても狭い平地だったので 興醒め…。
本当にここが城跡なの?って感じです。
e0083155_01214721.jpg
e0083155_01221896.jpg

ここから先に進むと松永屋敷跡があるというので行ってみることにしました。
さっきまでと打って変わって、今度は急勾配の下り坂。
帰りはここをまた登るのか…と暗くなりながら (笑)、
10分程度歩いたでしょうか、松永屋敷跡に着きました。
e0083155_01224568.jpg
e0083155_01230980.jpg

ここは広い平地部になっています。
看板の説明を読むと、信貴山城は550m×700mの広大な山城で、この松永屋敷跡もお城の一部とのことです。
木漏れ日の差す広い平地にたたずむと、かつての栄華を誇った面影もなく、廃城特有の切なさを感じます。
やっと城跡に来たと実感しました。
e0083155_01232773.jpg
e0083155_01234416.jpg
e0083155_01243147.jpg

降りて来た道を、最初の城跡の看板があった場所まで戻り、更に上に進むと 空鉢護法堂 に着きました。
ここにも信貴山城跡の石碑が立っており、信貴山城の広大さを実感します。
ここからの眺望も広大でホッコリしますよ〜。
e0083155_01240994.jpg
e0083155_01252076.jpg
e0083155_01245726.jpg
e0083155_01254642.jpg

登りより下りの方が、膝の関節に少し痛みを感じました。
小さな歩幅で歩いたつもりですが、日頃の運動不足が露呈しました…。

帰りにラーメン屋さん「アベノ日本一」を訪れたのですが、スープ売り切れで6時からの営業再開らしく入れませんでした。
オー、ノォォォォォォ!
また来ようっと。
e0083155_06441641.jpg
e0083155_06443031.jpg
e0083155_06444391.jpg

生駒方面からは、
近鉄東山駅を西に進み、広域農道(信貴山フラワーロード)を走り、信貴山まで約20分。
道草しながら、山門ー朝護孫子寺ー信貴山城跡ー松永屋敷跡ー空鉢護法堂ー山門 のコースで二時間程度のコースでした。
近隣の駐車場は終日500円。

夕方近くでしたが、中年のご家族連れも多く健康ウォーキングにオススメです👌🏻

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-14 06:02 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

生駒宝山寺へナイトクルーズ

近鉄生駒駅南側の道路を西に向かい、つづら折りの山道を登って行くと5分足らずで宝山寺の駐車場に着きます。

月初の1日ということもあって、
夜の9時過ぎでしたがひっきりなしに車の出入りがありました。

e0083155_22465204.jpg

駐車場手前の道から見下ろすと、奈良市内を一望出来ます。綺麗な夜景です。
気温の低さも体感します。

e0083155_22470153.jpg

e0083155_22471737.jpg
e0083155_10040666.jpg
e0083155_22475091.jpg

境内への階段途中に掲示板があります。
毎回ここに書かれている教えを読むのが楽しみの一つです。
今回は「請業の影(行為の因果関係)」。
今なす行為の現象が報いとして起こると説いています。
善の行いを続けていれば、必ず良い報いがあると信じて精進したいものですね。

e0083155_22480818.jpg
e0083155_22482500.jpg
e0083155_10004116.jpg
お寺の境内に神社があるのがなんだか不思議です。
毎回この神社と右隣のお寺に手を合わせます。

e0083155_10044192.jpg
e0083155_10045242.jpg
e0083155_10052445.jpg
e0083155_10053941.jpg

ここに来るといつも心が静まります。
僕の癒しのスポットです。
PRAY FOR FAMILY.

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-11 06:46 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

矢田山遊びの森

先週火曜日は久々のロングウォーキング。
休憩を何度も取りながら、大和郡山市の県立矢田自然公園内にある矢田山遊びの森に自宅から歩いて行って来ました。

e0083155_23133453.jpg

近鉄東生駒駅から小瀬健康福祉ゾーン行きの奈良交通バス終点から国道308号線を登って行きます。

バスの終点には足湯があります。
自宅から歩いて来るといい休憩ポイントになります。

e0083155_23174057.jpg
e0083155_23175784.jpg
e0083155_23181474.jpg
e0083155_23183176.jpg

308号線はあまりの道の細さに国道とは信じられません。
しかも舗装は荒れ放題…。
バイクで来ると坂道でハンドルが取られて怖さを感じます。

e0083155_23131461.jpg

途中、久々に玉虫見つけました🎵

e0083155_09584753.jpg

遊びの森入口に着き、公園事務所を通り過ぎると、
いきなり広々とした緑一色の圧倒的空間がある目に飛び込んで来ます。

静かで開放的な空間は、まるでこの世の天国にいるよう。
時間がゆっくり流れ、とても気分が落ち着きます。

沢にはメダカが泳ぎトンボが飛び交っていました。

e0083155_23195463.jpg
e0083155_23201673.jpg
e0083155_23205742.jpg
e0083155_23211572.jpg
e0083155_23215835.jpg
e0083155_23223042.jpg

奥まで登り、振り返ると大和郡山の街並みまで見通せます。
e0083155_23221338.jpg
e0083155_23225203.jpg

バス停から遊びの森まで約1キロ。
登り勾配がきつい箇所もありますが、初心者でも十分楽しめるライトなウォーキングコースです。

途中には飲料の自動販売機も3台ありますので夏の水分補給に助かります。
勿論、公園事務所にも自動販売機がありますよ。

近大生の男女グループがウォーターポンプで水をかけあってはしゃいでいました。
平和やなぁ。

お日様の光をたっぷり浴びて、
マイナスイオンを胸いっぱいに吸って、
命の洗濯しましたー。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-08 06:17 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

近鉄富雄駅周辺散策

東生駒駅方面から帝塚山大学前経由で富雄駅まで歩きました。

e0083155_16314603.jpg
e0083155_16320684.jpg


蕎麦屋さん冨貴が明石焼きをしてはって、色々な具の種類がラインナップ。
チーズ餅に興味津々🎵

e0083155_16322259.jpg

↓ここは一日三組限定エステだそうです。
まさしくゴッドハンドなんでしょうな。

e0083155_16324052.jpg
e0083155_16333628.jpg

地元の超有名ラーメン、みつ葉。
11〜13:30の営業時間なんで土日は7時くらいからお客さんが並んでいます。
ですが僕はまだ食べたことないです…💦

e0083155_16335368.jpg
e0083155_16341227.jpg
e0083155_16343117.jpg

支那そば華山。
シンプルな中華そば屋さん。
界隈では老舗の部類に入ります。

e0083155_16372342.jpg
e0083155_16373737.jpg

インド料理店グリーンガーデン。
比較的新しいお店でしょうか。
値段設定が高めでした。

e0083155_16375227.jpg
e0083155_16383511.jpg

かつてはダイエーが街の核になってたのに、今はすっかり錆びれた近辺に、パティシエ兼ショコラティエの綺麗なお店が出来ていました。
今度ケーキとチョコを買ってみたいです。

e0083155_16384701.jpg
e0083155_16381308.jpg

駅の北側に行くと、素敵な鉢植えを置いたお店がありました。
僕の嗜好センスに合致してます。
シャッターが閉まっていましたが、何のお店なのかもう一度訪れて確かめてみたいです。

e0083155_16390627.jpg
e0083155_16391940.jpg
e0083155_16394897.jpg
e0083155_16401088.jpg
e0083155_16402781.jpg

ここは以前に広告を見て土地の見学に来た場所です。
間口が狭い奥まった土地だったのでやめましたが、雰囲気のいいデザインのお店が建ちましたね。

e0083155_16404171.jpg
e0083155_16411392.jpg

最後は新しく出来た海鮮と串カツのお店でちょっと一杯。
串カツは具の素材の良さ、大きさ共に好感が持てました。
好物の生タコメニューが多いのも嬉しいです。
次回ウォーキングで来た時は生タコメニューばかりで日本酒飲みたいです。

e0083155_16405798.jpg
e0083155_16420614.jpg

身体スッキリ、楽しいウォーキングになりましたとさ。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-06-09 06:35 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

大和郡山の松尾寺

講義の資料準備が直前にならないと取り掛かれない🔨
なので前日徹夜になる💦
疲れが後を引く↘️
新しい糖尿病の薬が効き過ぎて、筋肉が落ちる💧
そして体力が落ちる💧
そんな流れで久々に日曜は風邪を引いてしまいました🌡

いかんですな(´・_・`)

講義の資料準備は早めに仕掛けないと。
体力もつけないと。

そんなこんなで日曜は風邪気味だったけど、
思い切って大和郡山の松尾寺にサイクリングに行きました。

お寺は1300年の歴史を誇り、本堂は重要文化財に指定されていますが、個人的には品格、荘厳さ等の感動を感じませんでした。アハ💦

e0083155_18224135.jpg
e0083155_18195946.jpg

山門は、近くにある慈光院や矢田寺と雰囲気が似ています。

e0083155_18201519.jpg

松尾寺に続く道は上り勾配。
自転車を漕ぐのを早々に諦めて、押して登って来たのですが、シンドかったー💦💦

e0083155_18593397.jpg

やっと着いたと喜んで山門をくぐったら目の前にこの階段…。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ひぃぃぃぃ
戦意喪失で暫く山門入ったとこで休憩しとりました。

e0083155_18202901.jpg


三重の塔もあり、その奥に松尾山神社があります。
スサノヲと稲田姫がお祀りされてました。

e0083155_18205435.jpg
e0083155_18211101.jpg
e0083155_18215123.jpg

神社の階段を下りるとき、奈良盆地の視界が広がります。爽快な景色です。

e0083155_18213361.jpg
e0083155_18221163.jpg
e0083155_18545488.jpg

矢田寺のように花の名所を目指しているのか、
薔薇の鉢植に加えて、カサブランカの鉢植が1000鉢ありました。
7月から開花するそうです。

e0083155_18541564.jpg
e0083155_18542913.jpg

近大農学部近くの富雄川沿いの農道。
僕のお気に入りの道です。

e0083155_18565766.jpg

矢田丘陵までのどかな田園風景が広がります。

e0083155_18571289.jpg
e0083155_18573352.jpg

大和郡山に入るとサイクリング道が整備されていて、走ってて気持ちいいですよ〜。

e0083155_18575141.jpg

松尾寺に曲がる道の角にカワイイカフェがあり、
店先にこれまったぁカワイイフレンチブルがいてました( ´ ▽ ` )

e0083155_18581549.jpg
e0083155_18583601.jpg

e0083155_18585280.jpg
e0083155_16094030.jpg

お日様の光たっぷり浴びたらドーパミンが沢山出まくって、おつむスッキリ。
これこれー。元気の素は身体動かすことやん。
でも…帰り道は足が攣り出しまして、
坂道はずっと歩いておりました。
家に着いてから、足の筋肉がパンパンに張って歩くのも難儀する程。

情けないなぁ。
ボチボチでエエから、サイクリング続けよう。

明日は午前中にサップボートを新調しにショップに行って、
立ち飲みに寄って^_^
午後から講義の資料準備に取り掛かります。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-05-31 06:20 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

わたしも、奈良派

近鉄の駅のポスター。
あまりに奈良公園の鹿さんの表情が可愛かったんで写真に収めました。

勿論、奈良県民の私も奈良派ですよ〜(´∀`=)
また、会いに行くね🎵

e0083155_20123247.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-05-20 06:10 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

磐船神社にMTBでプチツーリング

4日は、大和初の覇王ニギハヤヒのミコトを乗せて高千穂から大和に飛来したという、伝説の磐船を祀る磐船神社に、

16年目のMTBで今年初のスロウツーリング。

行き帰り共、途中何度も道草しながらゆっくりツーリング。


e0083155_17162276.jpg
e0083155_17163744.jpg
e0083155_17164606.jpg
e0083155_17170156.jpg


磐船神社で新緑と川のせせらぎ音にホッコリしました。

日差しも眩しく元気になれました。


e0083155_17172191.jpg
e0083155_17173471.jpg
e0083155_17174819.jpg
e0083155_17180648.jpg
e0083155_17181980.jpg
e0083155_17183330.jpg


帰りに大阪王将で餃子をアテにビールを飲んで「幸せ過ぎ〜🍀 」でした。


e0083155_17185427.jpg


無理せずマイペースで、これから色々運動を楽しんで行きたいです。


[PR]

by hinomarufighter | 2017-05-08 06:10 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

天河大弁財天にツーリング

2日前の火曜日、
江原啓介さんが奈良の三大パワースポットに挙げられた神社のうちの一つ、奈良の天川村にある天河大弁財天にツーリングして来ました。

e0083155_18450791.jpg

片道78キロ二時間半の、オヤヂには丁度良い距離。

e0083155_18452005.jpg

169号線から305号線を快適に走行。
305号線は道幅が広くなり、車も少ないですしワインディングも多くて楽しく走れますよ〜。

天河大弁財天の神殿は厳かですが、優しい雰囲気が漂っていました。
神殿前には能舞台があり、さすがは芸能の神様ですね。
神殿前の椅子に腰掛けて、願い事を唱えながらパワーをいただきました。
境内近くでは遅咲き牡丹桜が丁度見ごろでした。

e0083155_21222997.jpg
e0083155_21200358.jpg
e0083155_18375072.jpg
e0083155_18380109.jpg
e0083155_18384570.jpg
e0083155_18434942.jpg
e0083155_18440744.jpg
e0083155_18442031.jpg

e0083155_18443080.jpg

帰りの道の駅「黒滝」で水辺休憩。
お日様ポカポカ、せせらぎの音を聞きながら水辺近くで癒されてました。
ここ、なんだかいいなぁ。
めっちゃ気に入りました〜。また来よっと🎵

e0083155_21373980.jpg
e0083155_21374910.jpg
e0083155_21380159.jpg
e0083155_21381757.jpg

イノシシ肉の串カツを食べましたが、臭みもなく脂が乗ってて美味しかったです。
自分へのお土産は行者ニンニク味噌と抹茶葛餅。
ニンニク味噌は甘すぎたので塩と一緒にご飯に乗せて食べています。

e0083155_21403724.jpg
e0083155_21404667.jpg

帰ってからおっちゃん、
自分の写真を見て驚愕…。
な、なんぢゃーーっコレ❗️
あまりに痩せ過ぎて、じっさま満開なんでびつくりー‼️
冬前までの暖かい季節のうちに必死のパッチで筋肉をつけることに注力しやんと。
マヂでやりますよっ(⌒-⌒; )

e0083155_21225409.jpg

下の写真は途中に通った僕のお気に入りの道、橿原神宮参道です。

e0083155_21443180.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-05-04 06:39 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

信貴山の紅葉

17日は紅葉の信貴山にプチツーリングして来ました。

e0083155_22414986.jpg

近鉄生駒線東山駅前コメリの交差点を西に進み、次の信号のない交差点を右折すると信貴山直通の広域農道に入ります。
山の中腹を走る、信号のない見晴らしのいい、僕のお気に入りのツーリング道路です。
道路周辺の山々も紅葉していました。

e0083155_19581843.jpg
e0083155_19584750.jpg
e0083155_19590812.jpg
e0083155_19592491.jpg
e0083155_19594847.jpg
e0083155_20001374.jpg

しかし、信貴山はそれ以上に鮮やかな紅葉ぶりでした。
朝護孫子寺境内に入る前に、
虎の形をした池に掛かる橋を渡るのですが、袂のイチョウの木の黄色がとても鮮やかに色付いてました。
橋の上から見る山々も色とりどり。

e0083155_20042277.jpg
e0083155_20053132.jpg

橋を渡って朝護孫子寺に向かう参道を歩きました。
紅葉はピークで様々な色合いがとても鮮やかです。
名物の張り子の虎、またデカくなってないかなぁ?(笑)

e0083155_22374402.jpg
e0083155_22380370.jpg
e0083155_22390851.jpg
e0083155_22392750.jpg
e0083155_22412678.jpg
e0083155_22420692.jpg
e0083155_22453299.jpg
e0083155_22482882.jpg
e0083155_22490349.jpg
e0083155_22484371.jpg
e0083155_22492276.jpg
e0083155_22494888.jpg
e0083155_22541284.jpg
e0083155_22500925.jpg
e0083155_22502711.jpg
e0083155_22504208.jpg
e0083155_22505677.jpg

途中にあった本坊の境内は整然として素敵です。
紅葉の色のバランスまで計算されているよう。

e0083155_22440461.jpg
e0083155_22441954.jpg
e0083155_22443434.jpg
e0083155_22445593.jpg
e0083155_22451339.jpg

ここからは朝護孫子寺の写真。ここからの眺めが壮観です。

e0083155_22521776.jpg
e0083155_22523285.jpg
e0083155_22525301.jpg
e0083155_22531645.jpg
e0083155_22532867.jpg
e0083155_22534605.jpg

最後はもう一つのお目当、ラーメン屋さん「阿倍野日本一」へ。(後日報告)
ラーメン屋さんに行く途中に、沢山のお地蔵さんに出会いました。
壮観ですね(笑)

e0083155_23063676.jpg
e0083155_22571997.jpg
e0083155_22573852.jpg

紅葉を愛でる文化は日本だけだそうです。
静けさの中で、やがて枯れ行き落葉する木々の葉まで美しいと感じる日本人の感性は、いつまでも大切にしたいですね。

[PR]

by hinomarufighter | 2016-11-21 06:50 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)