カテゴリ:プチ奈良観光( 72 )

奈良o・mo・yaのフレンチディナー

e0083155_21365031.jpg

奈良公園でお花見した後、予約していた奈良のフレンチo・mo・yaで夕食を食べました。

今回は蔵席ではなく、テーブル席です。

e0083155_21371985.jpg

e0083155_21383241.jpg

e0083155_21393664.jpg

今回は5400円のコースです。

前菜はワカサギ天、かぼちゃペースト、卵焼き。
e0083155_21395162.jpg


サラダは2種。
春巻きの餡は豚足だそうです。
どんな味がするのかビビってましたが、穏やかな味でした。
e0083155_2140572.jpg
e0083155_21403458.jpg

魚料理は鯛でした。

e0083155_21405063.jpg

箸休めは柚子の氷シャーベット。
粒が荒く甘さ控えめの上品な味です。

e0083155_214147.jpg

肉料理は鹿児島牛のローストビーフ。

e0083155_21412029.jpg

お酒は豊祝、一合1200円でしたが、フルーティな口当たりは特筆ものです。

e0083155_21414724.jpg

飯物はマグロユッケの手毬寿司です。

e0083155_214234.jpg


ここんちの人気メニュー、デザート盛り合わせ。
生キャラメルもありますよん。
e0083155_21431653.jpg


お酒はビールや日本酒、グラスワイン等5杯、
サービス料等で8000円とちょっとでした。

料理は運ばれてくると、一つずつ丁寧に説明していただけます。
[PR]

by hinomarufighter | 2014-04-19 07:15 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良公園のお花見

春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!

4月5日、友達と四人で奈良公園にお花見に出かけました。
お花見シーズン真っ只中というのに、桜の名所は人影がまばら....、
会う人は殆どが外人で、ゆっくり桜を愛でるのにはサイコーです。
案外穴場ではないでしょうか(笑)

近鉄奈良駅に14時に集合してそこから大宮通を東大寺参道までむと、
鹿さんがお出迎えしてくれて、鹿せんべいをあげながら、
そこから左前の広い広場を横断して、
道路にぶつかったら、それを道なりに左に進みました。

e0083155_20453711.jpg

e0083155_20502020.jpg
e0083155_20503546.jpg

e0083155_20512777.jpg
e0083155_20514228.jpg
e0083155_20515892.jpg

1~2分歩いただけでそこは一面桜が鮮やかに咲いていました。
人もまばらでゆっくり桜を堪能できました。

e0083155_20522356.jpg
e0083155_20523589.jpg
e0083155_20525364.jpg

e0083155_20544753.jpg
e0083155_20551398.jpg
e0083155_20553259.jpg
e0083155_20554783.jpg


そこから二月堂に移動。
空気が澄んでて、視界が広がりすがすがしい気分に浸っておりました。

e0083155_2057536.jpg
e0083155_20571813.jpg
e0083155_20573270.jpg
e0083155_2057479.jpg
e0083155_2058129.jpg


そこから若草山沿いに春日大社を目指して歩いて行きました。
途中の神社で離婚成立したミックさんが良縁の願掛け絵馬を書いたはりました(笑)
てさらに進むと藁ぶき屋根の茶店があり、
栗アイスを食べて休憩しましたん。

e0083155_2114268.jpg
e0083155_213222.jpg
e0083155_2135115.jpg

e0083155_2142067.jpg
e0083155_215614.jpg


春日大社の巫女さんの髪飾りがすんごいかわいいです~。
入口横に咲いてた枝垂桜が見事でした。
e0083155_2155666.jpg

e0083155_2161388.jpg
e0083155_2163698.jpg
e0083155_2165264.jpg
e0083155_217633.jpg


そこから、近鉄奈良駅方面に下り、
予約していたフレンチレストラン「omoya」で17時半からディナーをいただきました。
メニューは後日しゃしんしょうかいしますね。

奈良ホテルも桜越しに見ると情緒がありますな。

e0083155_21124767.jpg
e0083155_2113619.jpg
e0083155_21132543.jpg

e0083155_2111322.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2014-04-16 06:53 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

天理「笠蕎麦」

前の日曜日、
天理市街から天理ダムを目指し、途中にある石上神社に初詣。

e0083155_18464914.jpg
そのあと、さらに針インターに抜けるその奥の道を進み、
途中から右折してかなりの山奥に進んだところにお店はありました。

案内看板がなければ、
果たしてこんな僻地に蕎麦屋さんなどあるのか不安になるような場所です。

e0083155_18471342.jpg

e0083155_18472447.jpg

但し、お店自体は広く、駐車場も大きかったです。
13時頃に入店しましたが店内は満員状態で繁盛しておりました。
入口カウンターでメニューをオーダーし、
番号札をいただいて、番号を呼ばれると席まで持ってきていただくシステムです。
今回はシンプルに山菜そば650円をオーダー。

e0083155_18475890.jpg

蕎麦は滑らかで喉越しがいいですが、
蕎麦自体に特筆すべき驚きはありませんでした。
ただ、山菜はどれもサクサクの歯ごたえで鮮度の良さを感じました。

次は、蕎麦湯を楽しめる、
看板メニューの天ぷら蕎麦を食べてみようと思います。
[PR]

by hinomarufighter | 2014-01-15 18:48 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良フレンチレストラン「o・mo・ya」

23日は大学時代の仲良し四人で、
奈良のフレンチレストラン「o・mo・ya」に行きました。
築150年の町家を改装した上品なたたずまい。

e0083155_18425946.jpg

奈良市公納堂町11
0742-21-7500
不定休でランチ11:00-16:00 ディナー17:00-22:00


今回は蔵を改装したほりごたつ調のテーブル席を利用。
料理はシェフお任せの完全予約制フルコース8400円を堪能しました。

蟹の煮凝り松前風、オーストラリア産柔らかなアワビのステーキ、
鹿児島牛のステーキ等々
どれもフレンチにしては控えめな味覚で、
お箸で食べるので上品な懐石料理を食べているようでした。

お酒は兵庫のお酒「豊祝」を4合ほどいただいて、
丁度ええ塩梅の酔い心地となりましたとさ。

四人割りでお酒代プラスで12000円程度でした。
e0083155_18431782.jpg
e0083155_18433264.jpg
e0083155_18433916.jpg
e0083155_18434433.jpg


僕以外の三人は皆、しっかり稼いでるアッパーです。
アウトローな僕は場違いですが、こうして声をかけて貰えるのは嬉しい限りです。

e0083155_18432614.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2013-11-27 06:29 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

天理プチツーリング

日曜日はウィンカーをLED化してはじめてベスパに乗り、
天理方面にプチツーリングして来ましたぁ。

最初の立ち寄りは奈良公園。
鹿せんべいを買って鹿さんとお友達に~。
鹿さん、あんたらね、
せんべい下さいって、ズボン噛むのんやめなさい~。
めんめーっ‼
枝垂桜が普通の桜より一足先に満開を迎えていました。
飛火野の緑が朝日に照らし出されてとっても綺麗でした。

e0083155_20415796.jpg
e0083155_20421095.jpg
e0083155_2042393.jpg
e0083155_20425135.jpg


それから一路天理へ。
まずは石上神宮に行きましたん。
相変わらず神聖で清々しい雰囲気です。
放し飼いされたニワトリさん達も楽しそうです。
駐車場の梅は満開でした。
ここに来ると、心が洗われますわ。
e0083155_20444696.jpg
e0083155_2045047.jpg
e0083155_2045850.jpg


最後は天理教本殿に立ち寄って、境内東側の早咲き桜が満開になっているのを愛でておりました。
桜の前の石積みにおばあさんがちょこんと座って桜を眺めている風景は平和でした~。
ここは、温かい気持ちになれる場所ですよん。
e0083155_20471090.jpg
e0083155_20471936.jpg
e0083155_2047269.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2013-03-28 06:54 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

葛城高原ロッジでやまとポークみぞれ鍋

GREEのオフ会にお招きいただき、
先週土曜日は葛城高原ロッジでやまとポークのみぞれ鍋を食べてきました。

ちんてつ南大阪線尺土駅乗換えで電車で御所駅まで行き、
そこからバス、ロープウェイを乗り継いで山頂まで行き、
山頂駅から10分程度歩いてロッジに着きました。

e0083155_123768.jpg
e0083155_12371390.jpg

ロープウェイから見える奈良盆地の景色は爽快です。
ロープウェイの後ろ側にオバサン達が陣取って、
景色を見ながらキャアキャア言ってる様はなんだか微笑ましかったです(笑)

e0083155_12381978.jpg
e0083155_12382894.jpg
e0083155_12383479.jpg


メインの葛城高原ロッジのお鍋は大根おろしを鍋に入れて具と一緒に炊くのですが、
やまとポークはひつこさがなくアッサリ系、
しかも出汁にほのかに柚子の香りと大根おろしの甘さがブレンドされて、
意外や意外、絶品のお味でした~。
〆の雑炊がこれまったぁ旨いのなんの。(* ̄Oノ ̄*)-ホーッホッホ!!

e0083155_12391980.jpg
e0083155_12392746.jpg

しかも温泉も併設されていて、食後は温泉に浸かり、ホッコリしましたとさ。

下の写真はロープウェイ乗り場からの奈良盆地の風景と大峰山修行で訪れる最初のお寺です。

e0083155_124328.jpg
e0083155_12431044.jpg

おみやげは塩と黒胡椒で調理した塩卵700円。
塩味控えめの酒のアテにピッタリの卵でした。

e0083155_12432199.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2013-02-17 08:29 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

石上神宮ツーリング sanpo

昨日は、
この一年間、随分神様に助けていただいたので、
まだ早いですが、この一年のお礼方々バイクで石上神社、石上神宮に行って来ました。

石上神社は天理市内から天理ダムを経由して名阪国道福住インターに行く途中にあるのですが、
山の中腹にある神社に着く頃には、バイクの温度計がー1℃でした((((;゜Д゜)))))))ブルブル
周りは樹齢100年越の木が鬱蒼と茂り、とても神聖な空気が漂っていました。

e0083155_904796.jpg
e0083155_91435.jpg
e0083155_91211.jpg


それから天理市内東に位置する布留町の石上神宮に。
鳥居下の門松、薪用の材木、境内の販売所等々、
こちらはすでに新年を迎える準備が整っていました。
境内のすべての祠に手を合わせて、
最後は御神木に両手を当ててパワーをいただきましたとさ。

e0083155_97388.jpg
e0083155_975524.jpg

e0083155_994080.jpg

相変らず屈託のない鶏サン達は楽しそう(笑)

e0083155_981189.jpg
e0083155_981836.jpg

新年明けまで仕事は予断を許さない案件が続きますが、
誠心誠意、務め上げるしかないのでしょう。
必ず道は開けると信じて頑張るのみですな。
[PR]

by hinomarufighter | 2012-12-24 09:08 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良日本料理「志まづ」のミニ懐石

e0083155_953527.jpg

先月下旬、バーブ三等兵のバースデーということで、
おふくろに志まづのミニ懐石(4500円+お肉料理500円をリクエスト)ゴチになりましたとさ。

奈良市春日野町16 夢風ひろば
TEL:0742-20-0608
11:00-15:00(L.O14:30) 16:30-21:00(L.O20:00)

e0083155_956496.jpg
e0083155_9562388.jpg
e0083155_9563526.jpg

この日もお店からは若草山の緑が綺麗に見えていました。


今回もどれも味覚のみならず、視覚的にも楽しく美味しくいただきましたッ。
ただ....、
味のインパクトというか、ちょち新鮮さに欠けてたのが、親子共通の印象でした。

酢の物は大和柿と吉野葛といくら。
e0083155_9575319.jpg
e0083155_958081.jpg


椀物は蟹しんじょうと松茸。
e0083155_9585220.jpg
e0083155_958585.jpg


お造りはトロ、すずき、鯛、ボタン海老。
相変わらず、ここのお刺身がどれも絶品。
板長さんの目利きに脱帽ですな。
e0083155_9595133.jpg
e0083155_9595722.jpg


お酒は冷酒で大吟醸「豊祝」
e0083155_1004756.jpg


メインディッシュは、
仙台牛の焼肉の味噌ソース。これは肉の旨さも去ることながら味噌ソースが絶品でした。
e0083155_10231813.jpg
e0083155_10232597.jpg


明太子のカラスミと子持ちワカメ。
e0083155_10241580.jpg


甘海老のキャビアみぞれがけ。
e0083155_10245144.jpg


e0083155_10253170.jpg


揚げ物の天ぷら。
太刀魚のチーズ巻きが新鮮な味覚ですぅ。
e0083155_10254453.jpg


e0083155_1027044.jpg
e0083155_1027968.jpg


今回のデザートはババロアではなくチーズケーキでした♪

e0083155_1028357.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2012-11-11 10:30 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良日本料理「志まづ」のミニ懐石

知人の誕生日ということで、
いつもの東大寺西隣「風のまち」内の日本料理「志まづ」でランチを食べて来ました。

今回も4500円のミニ懐石に500円プラスしてお肉料理をボリュームUPしていただきましたッ。
窓際の一般席からは若草山の緑がとっても綺麗でした。

e0083155_20483112.jpg
e0083155_20484366.jpg
e0083155_20485265.jpg
e0083155_20485935.jpg
e0083155_2049875.jpg


最初の八寸は三人分を大きな器に一緒に入れて出てきました。
うに乗せ葛豆腐は両方とも濃厚で絶品。
酢蓮根と鱧の洗い、鰻胡巻き寿司等も添えられています。
花びらやほうづきの皮の演出が小粋です。

e0083155_2050681.jpg
e0083155_20502014.jpg


冷酒はいかるがの里をオーダー。

e0083155_20505849.jpg

e0083155_20541388.jpg


椀物は初物の松茸、鱧、具沢山の厚焼き玉子。
e0083155_20565981.jpg


お刺身は鯛、ひらまさ、中トロ。とりわけ鯛は脂がよく乗っていて鮮度の良さが伝わります。
上には海葡萄が乗っていました♪
e0083155_2057639.jpg


こちらは仙台牛の焼肉。
とりわけソースが、和風のしょうゆ味ベースながら、フレンチのような濃厚な味わいで絶品でした。
e0083155_20571273.jpg


濃厚なお肉料理の後はアッサリした三輪素麺。
蟹身とささみをほぐしてゆで卵黄身と薬味でいtだだきます。
素麺は別腹なのえdしょうか、いくらでも食べれそうです(笑)
e0083155_20571883.jpg


サッパリの素麺の後はカラッと揚がった天ぷらです。
梅塩と出汁をお好みでチョイス。
e0083155_2192555.jpg


天ぷらの次はサッパリした酢の物。
山芋、胡瓜と海老のベトナム春巻き風とじゅんさいが入っています。
e0083155_2193327.jpg


〆はとうもろこし御飯でした。
e0083155_2194119.jpg


デザートは志まづ定番のババロア。
今回はブルーベリーソースとマスカット、マンゴーが乗っていました。
e0083155_2194875.jpg


一通り食べ終わった頃には満腹感で一杯。
鮮やかな盛り付けに繊細な味付け、バラエティー溢れる料理の数々、
これで5000円は、かなりコストパフォーマンスが良いと思いますデス。

ココ、バーブ坂田のオススメ!
星、みっつです~(堺正章調で)
072.gif072.gif072.gif
[PR]

by hinomarufighter | 2012-09-04 07:02 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

大和郡山の慈光院

夏休み10連休3日目の先週の日曜日、
大和郡山の慈光院にサイクリングして来ました。

大和郡山市小泉町865
TEL:0743-53-3004

生駒からのサイクリングコースは168号線から帝塚山大学前を通り、富雄川沿いに南下、
途中で大和中央道に左折するところをそのまま直進して奈良サイクリングロードをさらに南下、
2つ目の信号を左折してスグのところに慈光院があります。

e0083155_19483548.jpg

e0083155_19493567.jpg

e0083155_19543260.jpg

交通機関を利用するとJR大和路線「大和小泉」下車徒歩15分。
近鉄郡山駅からはバスで15分です。

このお寺は1663年に当地の大名「片桐石州」が父の菩提寺として建立。
石州の説いた茶の教えが各地の多くの大名が学び、
石州は茶人として名を残しました。

境内自体が一つの茶席の風情になるように考えられています。
茶道「石州流」の総本山でもあります。

寺の入口からなだらかな坂を登ると、
摂津茨木城の門を移築した山門があります。

e0083155_19501490.jpg
e0083155_1956464.jpg
e0083155_19502537.jpg
e0083155_19503647.jpg
e0083155_2081466.jpg

入場料は1000円と少し高めでしたが、
広間のある書院に通されると、周囲の景色を楽しみながら、
お抹茶と和菓子をいただくことが出来ます。

庭や外界の緑の景色を眺めながら、
ここに座ると、時の過ぎるのも忘れてしまいます。

e0083155_1952512.jpg
e0083155_1953152.jpg
e0083155_19531016.jpg
e0083155_19531969.jpg
e0083155_19532922.jpg
e0083155_19533880.jpg


茶室、本堂が回廊でつながっていて、
庭や建物のここかしこに茶道の風情を垣間見ることが出来ます。

庭園の特色は、さつき一種類の丸い刈り込みと数十種類の木々の寄せ↑にした刈り込みを用いています。
夏の日照りの厳しい時期だったので苔は枯れていましたが、
春秋の季節は苔の緑が加わって、一層主武器の深い景色になることでしょうね。

e0083155_205479.jpg
e0083155_2055472.jpg
e0083155_206440.jpg
e0083155_2061151.jpg
e0083155_2062050.jpg
e0083155_2062912.jpg
e0083155_206423.jpg
e0083155_2064967.jpg
e0083155_2065790.jpg
e0083155_207582.jpg
e0083155_2071334.jpg
e0083155_2072079.jpg
e0083155_2072862.jpg
e0083155_2073468.jpg
e0083155_2074921.jpg
[
e0083155_19593524.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2012-08-20 06:15 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)