カテゴリ:プチ奈良観光( 72 )

奈良カフェテラス「幡いのうえ」

東大寺西隣の夢風広場の中にある奈良の民芸品とカフェが併設されている「幡いのうえ」。
屋外テラス席で抹茶あんみつ700円を食べました。

e0083155_8165468.jpg

e0083155_815857.jpg
e0083155_8152087.jpg

お店の外観殻は想像の付かない癒しの空間です。
夏は暑いのでしょうが、今の季節はとても爽やかです。

これでそばを鹿さんが散歩してたら最高でしょうネ。

e0083155_8154268.jpg
e0083155_816080.jpg
[
e0083155_8162046.jpg
e0083155_8162890.jpg
e0083155_816353.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2012-06-18 06:13 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良 日本料理「志まづ」のミニ懐石

奈良市春日野町16 夢風広場
TEL:0742-20-0608
昼11:00-15:00 夜16:30-21:00 水曜定休

先週日曜日はおっかさんの誕生日の前日ということで、
東大寺の西側の夢風広場内にある、馴染みの日本料理「志まづ」でミニ懐石を食べました。

ミニ懐石は4500円ですが、お肉料理を加ええいただくよう、
板長にお願いして5000円のコースにしていただきました。

前回は各メニューの量が少なくて個人的に不評でしたが、
今回は打って変わってとっても満足の行く献立でした。 very good!

味、ボリューム、器、給仕、すべてがベストで、おっかさんの良き誕生日になりました。

ココは奈良県の選定した眺望の良いレストランの第一号に選ばれたそうです。

e0083155_8253894.jpg

この季節、緑が鮮やか若草山か綺麗に見えました。

e0083155_8254914.jpg

さて、ここから肝心の料理の紹介です。

酢の物は生タコ、ウド、吉野葛のにこごり。
薄めの上品な味付け。
e0083155_8255896.jpg

椀物はお餅の食感の冬瓜の中に蟹身が詰まっていました。
鱧とじゅんさいとアスパラが添えられています。
e0083155_826576.jpg


お刺身はひらまさ、鰹、鱧。
とりわけ鰹は身が引き締まってて味が濃厚でした。
e0083155_8261184.jpg


冷酒もこんなシンプルな器でいただくと美味しいですな。
e0083155_8261837.jpg


甘エビと雲丹の和え物。サトイモの抹茶揚げ。手毬寿司。
e0083155_8262566.jpg


こちらは、500円プラスして特別に料理していただいた和風ステーキ。
かぼちゃとアスパラ、生ラッキョが添えられています。
お肉は脂が乗っててソースのみならず、もろみを載せて食べても美味しくいただけます。
e0083155_8263335.jpg


お肉のあとはサッパリした三輪素麺。
蟹身と甘椎茸、黄身が添えられています。
天ぷらはきす、車海老、ヤングコーン等、素麺つゆでいただきます。
e0083155_8264142.jpg
e0083155_8265063.jpg


生生姜ご飯と赤だし、香の物。
[
e0083155_827976.jpg


最後はここの定番デザート、ブルーベリージャムの乗ったムースババロア。
e0083155_8271667.jpg
e0083155_8272353.jpg


盛り沢山のメニューでお腹がいっぱいになりました。
夕食も沢山食べれないほどでした。
これで「ミニ」懐石なら、懐石はどんだけボリュームあるんでしょ(笑)
[PR]

by hinomarufighter | 2012-06-17 09:06 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

天理ヒーリングツアー

3月30日はスクーターで天理にヒーリングツーリングして来ました。

最初に訪れたのは、
我が家の神棚に祭られた神様、石上神宮。

e0083155_18202790.jpg
e0083155_18203664.jpg

e0083155_18274564.jpg
e0083155_18275478.jpg
平日ながら、参拝者もそこそこおられました。
相変わらず、ここのにわとりさん達には癒されますなぁ(笑)
木の上に登ってコケコッコーと鳴く奴、地上でノホホンと日向ぼっこしてる奴、
皆おのおの幸せそうです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

e0083155_18213230.jpg
e0083155_18214751.jpg
e0083155_1822936.jpg
e0083155_18262856.jpg

うつ病に苦しみながらも、今日まで長らく会社勤務を続けられたことのお礼を述べました。
勿論、家族の健康と穏やかな生活にもお礼を。

今回初めて知ったのですが、
御門の看板には「萬古猶新(ばんこゆうしん)」の文字が書かれているそうです。
この意味は、御神徳が永久に続くということらしいです。


それから、
ご神木に手を当てて、
周りの人を幸せに出来るパワーを授けて下さいとお願いしました。
いつものように、
手を通じて身体に何かが送られているようなのを感じましたとさ。ヾ(=^▽^=)ノ

次に石上神宮から石上神社のある布留ノ滝(桃尾の滝)まで走りました。
この神社と石上神宮との関係は良く解っていないのですが、
神武天皇がご参拝されたという石碑が立っていることから、
神武天皇にゆかりの深い石上神宮と結びつきがあるのでしょうね。
新しい榊が祭られ、周辺も綺麗に掃除されていました。
ここでも、長らくの勤続のお礼と家族の健康のお礼を述べてきました。

e0083155_18343446.jpg
e0083155_18344326.jpg

そこから、さらに山を登ったところにある布留の滝を眺めておりました。
水の流れる音は、メンタルヘルスをとてもリラックスさせる効果があるらしいですので~。

e0083155_18345696.jpg
e0083155_185032100.jpg


最後に、母方のご先祖様が眠る天理教本殿に上がり、同じことのお礼を述べました。
本殿の東側の桜並木で早咲き種の桜が満開を迎えてて、とても綺麗でした。
蜜蜂が沢山蜜を求めて飛び回っていました。

e0083155_18355464.jpg
e0083155_18475414.jpg
e0083155_18361438.jpg


帰ってみると、なんだか清々しい気持ちになってて、
心スッキリしましたとさ。
[PR]

by hinomarufighter | 2012-04-08 08:09 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良日本料理「志まづ」の冬懐石

仲良し四人会で食べたランチはいつもの東大寺西の日本料理「志まづ」。

e0083155_10192591.jpg

今回は4500円の懐石、味は相変らず一級品でしたが・・・、
どうもいつもに比べて、味にパンチがないというか、精彩さがなかったような気が...。
しかも、刺身や揚げ物の量が少なくなってましたしぃ。
ちょっと今回は、どうしちゃったんでしょうか?
ε=Σ( ̄ )
今回だけのことならいいのですが...。

僕的には、関西ミシュランに奈良が加わりましたんで、
いずれ掲載されるだろうと踏んでるのですが、黄信号が灯りましたかねぇ(笑)

先付けは大和真菜。
大和肉鶏、螺髪麩の辛子マヨネーズ和え。
繊細ながらも、マヨネーズの味が強すぎず、エエ塩梅の味付けでした。
e0083155_10204889.jpg


椀盛りは蟹真丈と葛きり。
蕪、占地、いちょう麩、軸ホウレン草、柚子。
手の込んだ蟹真丈は丁寧な仕事がされ、淡白な味付けながらも柚子と絶妙なハーモニーです。
e0083155_10261921.jpg


お造りはよこわ、烏賊、鰹の穴寄せ盛り。
ここのお造りはホントに素材が良く、いつも楽しみにしているのですが、
今回はあまりに量が少なくて少しガッカリです~。
e0083155_10303511.jpg


焼き八寸は
扇型の容器の上に一皿、椎茸と芹の胡麻和え、
そうしてその容器を取ると更に八寸料理が出てくるという演出です。
銀鱈の西京焼き、京芋田舎煮、青味大根のどれも繊細で上品な控えめな味付けでした。
e0083155_10314139.jpg
e0083155_10314981.jpg


炊き合わせは
鴨ロースと結崎ねぶかの餡かけ生素麺。
鴨ロースはとても濃厚な味付け。
生素麺は太めでとても弾力があって、餡かけのつゆを絡めて食べるととても美味しいです。
e0083155_10375694.jpg


当日は南側の個室を予約したのですが、
ココからの眺めは春は眼前の櫻が満開になり、
春夏秋は緑の若草山が見えて、景色もご馳走の一つです。
当日は、低い雲が立ち込めてあいにくの雨でしたが、一瞬雲が引き、若草山を見ることが出来ました。
e0083155_10403234.jpg


天ぷらはいつも500円を追加して、特別に天ぷらを充実させていただくのですが、
今回はそれをせず、メニュー通りの献立です。
なので、少し量的に物足りなさを感じましたが、
これも手の込んだ栗つみれ、蓮根餅のアーモンド揚げ。
アーモンド揚げは同じ奈良の名門「菊水楼」の人気メニューですが、
こちらのは少し油っぽかったのが残念です。
でも、これも繊細な味でとても美味しかったです、
e0083155_10433517.jpg


酢の物は帆立、菊菜、はなびら茸。
これも酢の風味が控えめでとても上品な味付けです。
はなびら茸は初めていただきましたが、食感もよく、珍味ですね。
e0083155_10494363.jpg


止め椀は牛蒡ご飯でした。
e0083155_105051100.jpg


最後のデザートは吉野葛のババロアでした。
e0083155_10535118.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2011-12-26 10:14 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良公園を徘徊

昨日はラビットを修理出しした帰りに、
19日の食事会の下見を兼ねて、一路奈良公園へ。

近鉄奈良駅から地上に出ると人だかり。
ワオッ!せんとくんがいてるぢゃーん└(~∀~└)(┘~∀~)┘キャアキャア
相変らず、オチャメでみんなの人気者ですなぁ。

e0083155_17132844.jpg
e0083155_17133793.jpg
e0083155_17134223.jpg


奈良国立博物館で正倉院展が開催されていることもあって、
奈良公園は凄い賑わいでした。

e0083155_17403615.jpg

鹿せんべいを買って、鹿サンにあげようと思ったのですが、
この人だかりのせいでしょうか、興福寺界隈には鹿の姿はなく、
東大寺近くまで登らないと会えませんでひた。(∩_∩;)P

e0083155_17185181.jpg
e0083155_17185895.jpg

鹿せんべいをあげようとしても、
お腹一杯らしく、でーんでん食べませんわ ( ̄ー ̄A)フキフキ
マヂ、珍事です~(*≧m≦*)σ

e0083155_17201665.jpg
e0083155_17202532.jpg
e0083155_17203213.jpg


塚・・・、
なんでか・・・、
鹿さん達、池や小川にかたまってますしぃー!げげーっ!w( ̄□ ̄;)w
サブないのかなぁ?
人混みがイヤになって非難したんかなぁ?(*´丱`*)

e0083155_17382960.jpg
e0083155_17383991.jpg
e0083155_17384883.jpg


なんだかとっても和みましたとさ。ε=Σ( ̄ )
[PR]

by hinomarufighter | 2011-11-14 06:54 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

酒蔵開き

昨日はGREEの知り合いの方のご紹介で、
奈良の葛城市新庄にある、酒造会社「梅の宿」の酒蔵開きに行って来ました。

午前の部は9時半開場ということで、
家を7時に出発、近鉄生駒線、JR和歌山線という単線のローカル線を乗り継ぎ、
最寄り駅の近鉄新庄駅に着いたのは8時半でした。

e0083155_9193176.jpg

e0083155_9194555.jpg


新庄駅から北へ徒歩10分位で梅の花酒造に到着。
創業120年の老舗らしく、会社の建屋は古き良き昔の佇まいです。
ここは山田錦という米を用いて高精白し、葛城山系の伏流水を醸すお酒で、
柔らかく、きめ細かな味わいが持ち味だそうです。

e0083155_9252057.jpg
e0083155_925322.jpg
e0083155_92540100.jpg
e0083155_9254789.jpg


会場は集荷場を利用して、着くと小さなプラスチックコップを2つ手渡され、
三杯まで無料で飲めるチケットで、
利き酒コーナーや飲み比べコーナー、1杯100円の試飲コーナー等々を楽しめます。
最後は抽選会に大いに盛り上がっていました。
アッという間に12時になりましたとさ。
朝のうちから日本酒三昧、なかなか贅沢な休日ですなぁ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

e0083155_9325377.jpg
e0083155_933155.jpg
e0083155_933952.jpg
e0083155_9331888.jpg
e0083155_9332691.jpg
e0083155_9333691.jpg
e0083155_9334550.jpg
e0083155_9335499.jpg
e0083155_937335.jpg



屋台も柿の葉寿司やホルモン焼き、おでん等々充実しており、
工場見学コーナー等もあって飽きることがありません。
アテは焼き揚げ100円と柿の葉寿司480円。
日本酒のカクテルもありましたよん。

e0083155_9351684.jpg
e0083155_9352240.jpg
e0083155_93530100.jpg
e0083155_9353790.jpg
e0083155_9354574.jpg


こちらは梅の宿酒造の社長さん。

e0083155_9361690.jpg


↓↓↓ハッピを着せてもらってご満悦のバーブのオッタン。(*≧m≦*)σ

e0083155_945122.jpg


デパック一杯のおみやげ
--純米吟醸「蔵の酒」、生絞り酒「しぼりたて」、果実酒の「あらごしみかん」「シークァーサースパークリング」を購入して持ち帰りました。

これから毎晩ちびちびやるのが楽しみです~。o(^-^o)(o^-^)o

e0083155_9472552.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2011-11-06 11:20 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

天理石上町「Cafe de Reve」

石上神宮に行った折には寄ってみたいと思ってた、最近出来た「Cafe de Reve」。
ここは石上神宮を南に歩いてスグのところにあります。

e0083155_20544752.jpg

お昼時であったこともあってか、店前の駐車場は満車状態でした。
お店の門をくぐると、そこは一軒の大きな民家を改造して、
綺麗な庭と共に素敵な佇まいでした。

e0083155_20552788.jpg
e0083155_20553479.jpg
e0083155_20553951.jpg
e0083155_20555516.jpg
e0083155_2056673.jpg

店内もスッキリとしてて、jazzyな音楽と共に、落ち着いた雰囲気です。
モーニング、ランチ、ディナーも充実しているようで、
僕以外のお客さんは皆ランチのコースをオーダーしておられました。

e0083155_20563188.jpg
e0083155_20563788.jpg
e0083155_20564250.jpg

僕は自家製ジンジャエール600円をオーダー。
ジンジャーがタップリ入ってて、大人の辛口ジンジャエールですな。

e0083155_20565935.jpg

次回はランチをオーダーしてみようと思います。
家族のみならず、テラス側の席などはカップルにもいいのではないでしょうか?
[PR]

by hinomarufighter | 2011-10-06 07:08 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

石上神宮へ

昨日は今日からの職場異動を前にして、
我が家の神棚に奉ってある神様の神社、天理の石上神宮にお参りに行って来ました。

長らく工事中だった新しい鳥居も完成していましたよん。

e0083155_20255053.jpg


今回の異動を機に、
自分の至らぬ点を少しずつ修正して行き、
更に飛躍する機会になりますように、とお願いして来ました。
誠実に、一生懸命働くのは今までと同じ。
ただ、非効率なことは改め、
まずは何事も即断即決、それを行動に移すスピードを速めて行かねばならないでしょう。

無理せず、ボチボチ、
でも着実に前進できたらいいけれど・・・。

僕はいつもは本殿と、4つの末社摂社に手を合わせるだけでしたが、
今回はパワースポットとして有名な御神木に、初めて両手を当ててみました。

心身の健康を取り戻せますようにとお祈りしながら手を当てると、
手から力が身体に流れる(腕の温度が上昇する)不思議な体験を実感しました。
自然から力をいただけるなんて、なんと有難いことなのでしょう。
これから参拝の折には、この御神木にもお願いすることにしましょう。
少しずつ健康になれますようにぃ。

e0083155_20343583.jpg
e0083155_20344234.jpg


おみくじは半吉でまずまず。
但し、『女難に気をつけるべし』とありました三(ノ.".)ノあひゃ

ステディな彼女が出来るのは、またまた先になりそうですな( ̄ー ̄A)フキフキ
[PR]

by hinomarufighter | 2011-10-03 20:44 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

矢田寺サイクリング

昨日は昼食を早めに取って、12時に生駒の家を出て、
大和郡山にあるあじさいで有名な矢田寺にサイクリングして来ました~。

適度なアップダウンもある、往復18kmの行程で、
道草したり、毎度のことですが帰り道はしょっちゅう休憩を挟みながら、
帰宅は15時となりましたとさ。

この炎天下ですし、オッタンにはこれぐらいが丁度いい塩梅でしょうなぁ。

矢田寺前の急坂は、
さすがに降りて、マウンテンバイクを押しながら登りましたん。
息を切らしながら山門に着くと、
そこからは、遥か遠くまで続く石段...Σ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ノ)ノ!はぁーーーーっ

e0083155_2202827.jpg
e0083155_2344426.jpg

やっと登りきったと思ったら甘ちまりねー。
参道はそこから左に曲がって再び石段ですわ~ ( ;◇;)ノ。。。ズズ

そうして石段の終点に着くとね急に景色が広がり、その先に本堂が見えましたッo(^-^o)(o^-^)o
掃除が行き届いた綺麗な本殿を前にして、心が洗われるようです~。

e0083155_2242689.jpg
e0083155_2252741.jpg

本殿の階段に腰掛けさせてもらって、
暫くの間、そこで汗を拭っておりました。
眼前に広がる景色は爽快な風景ですぅ(((o(*゜▽゜*)o)))

e0083155_2210899.jpg

帰りはあじさいの歩道に道草。
下の写真の中央の緑の垣根がアジサイです。
春には一体に咲き乱れ、綺麗なのでしょうね。
でも、
僕は閑散としたこんな時期の静寂が心落ち着いてスキですな。
暑い夏に咲いてたこの白い花もアジサイの一種でしょうか。
咲きっぷりは見事の一言です~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

e0083155_22114290.jpg
e0083155_22115186.jpg


帰り道、
コースから北に逸れて、大和民族博物館に隣接する民族公園に立ち寄り、ました。
ここも閑散としてノンビリしますわ。

ホントはすべて歩いて見たかったのですが、
どうにも気力が失せて、最初の広場と水車小屋だけ見て帰りました。

e0083155_22143119.jpg
e0083155_22143955.jpg


富雄川沿いを北上して、阪奈道路まで来たところから、
上り坂の連続(◎_◎;)
なるべく止らないようにと、
一番軽いギアに落して、必死でぐわむばりましたん@(+o+;)@
それでも、2kmの登り坂で4回も休憩挟んどりましたわぁ・・・ヾ(ーー )ォィ

今日もなんとか無事に帰宅できてホッε=Σ( ̄ )

起床した時からの鬱病のダルダルの症状は、
走り出したら、スグに吹き飛んでしまいました~(  ̄3 ̄)~♪

鬱病にはお日様の光が一番の特効薬ですな。
神様、あいやとごだいました(*´Д`)
[PR]

by hinomarufighter | 2011-08-19 07:36 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

長谷寺ツーリング

昨日は、奈良桜井市にある長谷寺を目指してバイクツーリングして来ました。
何故か、長谷寺の回廊を久しぶりに歩いてみたくなったんですッ。

京奈和道路や中和幹線を通れば生駒から桜井まで1時間以内に行けるのですが、
色々道草したりぃ、景色を楽しみたかったので、
大和中央自動車道終点から東に進み、田原本の農免道路経由国道25号線で長谷寺に進みました。

e0083155_1120574.jpg
e0083155_11201239.jpg

e0083155_11281741.jpg

長谷寺は境内が広いですね~。
登り回廊の距離はとても長いのですが、階段の段差が低いのであまりシンドく感じませんでした。
合計3方向に登って行きます。
国宝の1650年建立の本堂は堂々とした佇まいで、
舞台があるとこなんかはどこかしら清水寺を髣髴させます。
境内から見える山々は、澄み切った秋の空と共にとても清々しい景色です。

e0083155_11203097.jpg
e0083155_11203799.jpg
e0083155_11204798.jpg
e0083155_11205943.jpg
e0083155_11215100.jpg
e0083155_11211473.jpg
e0083155_11212460.jpg
e0083155_11213371.jpg
e0083155_19453558.jpg
e0083155_11275224.jpg
e0083155_1128160.jpg

長谷寺といえば春の牡丹の花が有名ですが、今はもみじまつりが開催されていました。
まだ紅葉は青々としており、紅葉にはあとひと月かかりそうです。

e0083155_11232652.jpg
e0083155_11234416.jpg
e0083155_11235118.jpg

ご本尊の観音様は木造で日本最大の12メートルの高さがある、堂々としたものです。
写真撮影は禁じられていましたので、パンフレットでしか紹介できないのですが、
そのお顔は慈悲に満ちていて、なんとも言えない優しく穏やかなお顔をされていました。
なんだかこっちの心まで洗われるようでした。
我が家には神棚が祭ってあるので、仏様にお願い事をするのは気が引けるのですが・・・、
あまりに優しいお顔をしておられたので、思わずお願い事をしてしまいました( ̄m ̄〃)ぷ。

今は特別拝観として、1000円払うと、この観音様のおみ足に触れて御縁が結べるそうですヨ。
拝観料は500円でした。

e0083155_1124637.jpg

帰りに、参道の御夫婦で切り盛りしておられる草餅屋さんで焼き草餅を買って帰りました。
ここのヨモギは自然のヨモギを手摘みしたものを使用してるので、賞味期限は当日限りとのこと。
普段食べ慣れてる草餅よりヨモギの濃厚な味がして美味しかったです。

e0083155_11243177.jpg
e0083155_11244057.jpg
e0083155_11244873.jpg

13時半出発17時帰宅、走行距離80kmの、のんびりツーリングでした。
気温は18~22℃、
ウィンタージャケットの下はスエット1枚、タイツなしのチノパンツで丁度良いくらいの気候でした。
[PR]

by hinomarufighter | 2010-11-07 11:07 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)