カテゴリ:プチ奈良観光( 72 )

女人高野「室生寺」

※GREE読者の方で、写真を御覧になりたい方は、
     http://hinomarufi.exblog.jp/  にアクセスして御確認下さい。

e0083155_20164728.jpg室生芸術の森の帰りに、
バス停前の女人高野、奈良室生寺を久方ぶりに訪れました。

ここはしゃくなげが有名ですが、春の花ですし、
ちょうど紅葉前の平日ということで、閑散としていました。
とりわけ秋冬の奈良、
それも奈良公園・東大寺の北和地区よりも、吉野・室生・長谷辺りの南和地区は、
空気が澄んで、観光客もまばらで、
侘しささえ漂う静けさがいいですよ。

今日もとってものぉーんびり出来て、ヨカッタ~。

石段は結構な数でしたが、
台風で破損した五重塔を確かめたくて、
山の中腹の塔までガンバッテ登って来ました!
どこが修復箇所か判らないほど綺麗に補修されてたので、嬉しくなりました。

今日はバス停前の懐石料理店「志まづ」が臨時休業でちょっぴり残念でしたが、
代わりに?名物のよもぎ回転焼きをいただいて帰って来ました~。

↓かえでが迎えてくれる山門。
 秋はきっと紅葉が綺麗なのでしょうねえ。
e0083155_20175911.jpg

↓綺麗に修復されてた、少し小振りの五重塔。
e0083155_20192473.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2007-10-04 20:19 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良公園の鹿さんの近況

↓↓↓今年生まれたバンビの親子
e0083155_18131594.jpg

↓↓↓鹿さんコメント 「も、あつうぅて~あつうぅて~たまりまへんな~」
    と言いつつ川に浸かる鹿さん達
e0083155_18134565.jpg

↓↓↓ 店主コメント 「あ、あのぅ・・・お客さぁーん」
              「買う気もないんやったら、さっさと帰ってください~」
      鹿さんコメント「やいやいゆうなぁ~」
      と言いつつ日陰の店先に居座ったはりましたっ。
e0083155_1814241.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2007-08-19 18:15 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良霊山寺(りょうせんじ)のバラ園

今日は今満開を迎えた奈良市南部の霊山寺バラ園に行って来ました。
園内にはほのかにバラの香りが漂って、癒されますわよぉー。

入口を入った途端の目に移る感動は、オッサンの下手なしゃべくりよりも、
写真で納得してもらいまひょ!
あ、入園料は600円也。
バラ園内の期間限定カフェ「プリエール」には、バラの形をした!感動のバラアイス、バラの花たぁーっぷりのローズティーもございますわよう。
それに、霊山寺境内には和食レストラン、温泉までございまぁーす。

e0083155_124118100.jpg
e0083155_1318658.jpg
e0083155_12412653.jpg

e0083155_12422331.jpg
e0083155_13181524.jpg
e0083155_12423196.jpg
e0083155_1242396.jpg

藤娘という名の日本産の藤色ローズ。
e0083155_124312100.jpg
e0083155_12431977.jpg
e0083155_15544010.jpg
バラの花のアーチ。
e0083155_15524560.jpg
藤棚ならぬバラ棚
e0083155_1244296.jpg
e0083155_1244149.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2007-05-19 13:14 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良プチハッピ散策定番コース④~橿原神宮

今日はぼぉーっとしたくて、久しぶりにクルマでドライブ。

開通した京奈和自動車道を利用して、奈良の北和から南和までひとっとび!
すごくアクセスが早くなりましたね~。

e0083155_1263292.jpg終点で降りて左折すれば間もなく橿原警察署前。
そこを右折すると、両脇に大木が鬱蒼と茂る参道道路。
道も幅広で、気分がゆぅーったり。
思わず走るスピードまでゆぅーっくり。イヤホンマ。



e0083155_1264810.jpgそうして辿り着いたのが近鉄橿原神宮前駅。
とんがり屋根のレトロな建物は昔から変わらず、ホッとします。
駅前ロータリーにクルマを停めて(だってさぁあ、無料やしっ、ワルサされへんしっ)
それに5分もあるけば神宮境内。
神宮前無料駐車場は500円の有料制になっているので要注意です。

e0083155_127289.jpg畝傍山がバックにそびえる広々とした境内は人影もまばらでとても静かです。
屋根付き+お茶付きの休憩所で、ぼぉ~、と境内を眺めておりましたんよ。

当日は結婚式が二組予定されていました。
こんな神々しい、静かなところで式を挙げられるやなんて、なんて幸せなカップルでしょうね。

e0083155_127171.jpgお参りした後は境内裏手の池に。
途中神官の集団とすれ違いました。
ナ、ナント最後尾は女性の宮司さんではあ~りませんかぁ







e0083155_1274753.jpgほいでこの池。
昔は貸しボートがあって、岸辺に葦が生い茂ってたのに、
こんなに綺麗に生まれ変わってるではあ~りませんかぁ。
池の上に遊歩道まであるしぃーっ。
ほいで岸のベンチに腰掛けて、またまたぼぉー、としてましたん。

白鳥さんが優雅に泳いで、亀さんが甲羅干しして、鳩さんは戯れてる・・・。
はぁ、平和やなあ。
ええとこやなあ。
命の洗濯やあ。

e0083155_12103172.jpg帰り道、境内の橋の柱に、
か、かたつむり~~~!
わぁーい、めっちゃ懐かしい。
かたつむりさんはどこに行ったんやろか、と思てたら、
どっこいこんなところで元気に暮らしてたんやね。
ほいで辺りを見回すと、木にも、橋の手摺りの上にも、あっちこっちにいてるやぁん!
なんか嬉しい気分ですわぁ。
[PR]

by hinomarufighter | 2007-04-22 18:48 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良プチハッピ散策定番コース⑤~飛鳥Ⅰ

まずぅ、飛鳥は石舞台古墳。
e0083155_12315854.jpg


e0083155_12321537.jpg石舞台を通り過ぎた橋のほとりにクルマを停めて、
石舞台横の広々とした公園。
タンポポまんかぁーい!
帰る頃には、お弁当タイムでシートを敷く家族連れやカップルで賑やかに。



e0083155_1232431.jpgさてこの古墳。横穴式石室の方形墳。
7世紀初めに作られたそうです。
祭られてたのは蘇我馬子で、我が家の神棚の石上神宮を軍神にしていた物部氏の政敵です。僕ぅ、こんなとこに来てええんかなぁ?
アヒャ三(ノ.".)ノ


e0083155_12331291.jpg石室内部には入れます。
こんな広いところに死体を埋葬されるやなんて、じぇぇたくぅーー。












古墳内にはタンポポ、桃の花が満開でした。
名もない雑草の花まで綺麗ですわぁ。
e0083155_12341553.jpg
e0083155_12335263.jpg
e0083155_12342261.jpg


そいで、お昼におにぎりをいただいたのが、とっておきの秘密の特等席。
石舞台を西に降りて行って、三叉路を左に進んで行くと、クルマで1,2分行ったとこに
ベンチが3つほどおいてある、こぢんまりした展望台があるんですわ。
そこから向かいの段々畑を眺めながら、またまたぼぉー、とするんですわぁ。
この世のオアシスでっせ。
e0083155_13313012.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2007-04-22 13:28 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良プチハッピ散策定番コース⑤~飛鳥Ⅱ

e0083155_12455685.jpg続きましてぇ、
石舞台から右手にこのような美しい段々畑の光景を見ながら、
えっちらおっちら坂道歩いて、10分位で岡寺に到着ぅ~。
ぜえぜえ、ぜえぜえ、はぁ、シンドぉぉおおおーーい!
シンドいっ、ちゅうねん。
アセかいたっ、ちゅうねん。
また入場料取るんかっ、ちゅうねん。
でも、山門右手では桜が満開ですわぁ。ラッキーでした。
e0083155_13212286.jpg


e0083155_1321374.jpgで300円払って入りましたん。
いきなしボタンの花が綺麗!っちゅうか、どえりゃあデカイ花でんなあ。








e0083155_13223552.jpgで、お寺の前を通り過ぎて更に進んでいくと、
うわぁああーい、
名物の石楠花(シャクナゲ)さんが斜面一帯に咲いとるだがや~。
しかも石楠花の花、
スゴイ神秘的な美しさ。
造花と見紛うほど。
自然の美にはやっぱり叶わんのぅ。


e0083155_13224461.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2007-04-22 13:22 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(2)

奈良プチハッピ散策定番コース⑥~吉野

4/20はちょうど奥千本の桜が満開とゆふことで、
蔵王堂の横を通って奥吉野に行こうとクルマを走らせたらアンタ、
駐車場のところで通行止めになっとるだがや~。ぐわ~~~ん。
徒歩では坂道続きの道を40分歩いて、そこからバスで20分かかるんやとぉーー!

e0083155_13513733.jpgも、諦めたワ。
で、駐車場で1500円払って蔵王堂を目指して歩きましたんよ。
ところどころで八重桜が満開を迎えておりました。







e0083155_1352191.jpg途中、蔵王堂の屋根が見えたので写真を一枚。
もう2週間も早く来れば、この写真の黄緑色が一面桜の花の淡いピンク色になってたのですが・・・。
吉野山の素晴らしいところは、花見シーズンはすべての風景がピンク色に染まる壮大さ。
でも、基本的に僕はオフシーズンの閑散とした吉野が好きですぅ。



で、蔵王堂正面入口右横の鮨屋で、窓際座敷でビィル飲んで、
ほいで吉野のランドマーク、国宝蔵王堂に行きましたんよ。

e0083155_13522235.jpg

鮨屋では名物桜ソバちゅう、ピンク色のソバを周りのみぃーんな頼んではった。
ピンク色のソバは邪道やろう・・・。

e0083155_13523316.jpg帰りに、参道でよもぎ餅と桜餅をいただいて、(これが自家製手作りの味でバカ旨!)
そこで、懐石料理とかでよく出される、塩漬けされた桜の花が浮いたお茶、
それの元になる桜花漬を買いました。
これも手作りなのだそうで、楽しみですぅ。
[PR]

by hinomarufighter | 2007-04-22 13:13 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

奈良プチハッピ散策定番コース③~天理界隈

最近の土曜日曜はよく昼寝しますねん。3~4時間爆睡ですわ。
朝の10時ぐらいから眠くなるときさえありますです。ハイ。
ここ1ヶ月、仕事はフツーの人と同様のペースやし、
きっと知らず知らずのうちに鬱病的に無理が蓄積して、
心身共に疲れ果ててたんでしょう・・・。

で、土日だけでは休養時間が足らず、
最近、ずーっと、
平日にもお休み取って「ぼぉーとしながら、のぉーんびりしたいぬぁあ」
と考えてましたん。

で、今日は幸い社内会議もお客様のアポの予定もなかったもんで、
思い切って欠勤しました。

うちの神棚に祀ってある神様、奈良の天理の石上(いそのかみ)神宮に、行きましたん。

JR奈良に着いたのは9時前。
(下はJR奈良駅を後ろから見る写真:結局新装工事後も保存存続が決定した、レトロな寺院風たたずまい)
e0083155_20595763.jpg
そこから桜井線のワンマンカーに乗って天理駅を目指しましたん。
これまったあ、レトロでファニーなお顔のほんわか気分の列車。
バスのような行き先料金表示板と切符入れ。
網棚の上に張り出したエアコンと天井には、ナ、ナント扇風機も。
e0083155_2123021.jpg
e0083155_2123851.jpg
e0083155_2124659.jpg

奈良を走るJRってええわねー。
住宅続きの近鉄奈良線の景色と違って、田園風景続きで、
ホンマのぉーんびり、プチ旅行気分を味わえましたわぁん。

天理駅下車で天理教教会本部までのアーケード商店街を歩きますの。
下は「よい店見つけた」とのフレコミの天理袋物株式会社とゆふ鞄屋さん。
鞄のみならず、財布も帽子も下着も服も、みぃーんなやっす!
で、あたくち思わずまたまた目出しニット帽を340円でお買い上げー。
ちなみに初めてモノホンのDJバッグを目にしたのもココ!
時々ビックリするモンがあります。
こないだはフランスのレノマ兄弟が一躍世界の脚光を浴びるきっかけになった、
イエロースエード+茶色ネットの懐かしの定番ショルダーが新品で大量に売られてましたし・・・。
e0083155_2153674.jpg

続いて名物ビッグサイズの「味どおらく」のたこ焼き屋で、朝からたこ焼きでビィル!
と行きたかったのですが、まだ準備中でしたわ・・・(ノ▽・、)シューン!
↑おまい、朝からビィル飲む気やったんかぁーい!ヾ(ーー )ォィ

ほいでアーケードを進んで行くと、やがてアーケードが途切れ、
巨大な天理教教会本部の神殿が出現。
神殿の東側には、何故かもう桜がおもっきし満開ですやーん!
あ、ほんでもう既に散り始めてるし~。
どーよどーよどーよ?!
e0083155_2181324.jpg
e0083155_2182113.jpg

ほいで、本殿南西の公園内の「お茶所」で、
お盆の上に、やかん一杯のお茶と湯飲みを給仕していただき、
やかんの中のお茶をでーんぶいただきまちたー。(ちなみにナンボ飲んでも無料ですっ)

カラダがホッカホカになったところで本殿を横目にしながら、
更に10分ほど歩いて一路石上神宮へ。
ここは国内に仏教を伝来させた蘇我氏や聖徳太子の政敵で、
日本伝統の神道擁護派の物部氏の軍神ニギハヤヒが祭神の元官弊大社。

ニギハヤヒはスサノオの息子で大和を征圧した日本初代の国王とされています。
一説によると古事記や日本書紀は、
死後も庶民の絶大な信仰心を誇るニギハヤヒの強力な影響力を、
なんとか歪曲させて沈静化するための策略、と言われていますです。
『悲劇の覇王』と呼ばれる伝説の神様です。
まさに神様が鎮座するにふさわしい、静かで厳かな、平和な空間です。
e0083155_2115571.jpg

e0083155_21223831.jpg

境内では綿雪みたいなモッコモコなんから、天然記念物の東天紅タイプまで、
いろーんなにわとりさんがのぉーんびり遊んでやるのよぉ。
e0083155_21164783.jpg
e0083155_2116599.jpg

ここに来るといっつも寄るのが鳥居前の道を南に少しだけ下ったところの民家の「のらくろ顔」のワンコさん。僕はいっつも「三等兵殿!」と呼んでいます。
赤ちゃんの頃からめっちゃ人がダイスキなワンコさんですぅ。
よしよししたげると、すぐに興奮してオシッコ漏らしやるから要注意ですぞ。
e0083155_21183927.jpg

駐車場の手前では梅が満開でした。
e0083155_2122565.jpg
e0083155_21221398.jpg


そこから、目下進入禁止中の山の辺の道を少し歩きましたん。
途中ナショナルトラストのレッドデータ淡水魚やカワニナ、ホタル、水生植物の養育池やら、
道端のお花とかを足を止めてぼぉーと眺めて、
何度も休憩しながら、ぼぉちぼぉち歩きましたんよ。
e0083155_2121157.jpg
e0083155_21212286.jpg


ほいで、今度はちんてつで難波まで戻りましたん。13時難波着。
ほいでから、
大阪ローカルではチョー有名な、豚まんでお馴染み551蓬莱本店2階レストランで、
オイスターソース炒めの焼きそば(といってもここんちはあんかけタイプ)と、
エビチリをアテに生きビィル(生ビールのことねっ)2杯行きましたー!

はぁ、しゃぁあせ気分なプチジャーニーでしたとさ。
はぁ、何か?
[PR]

by hinomarufighter | 2007-03-14 21:27 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

2/17diary ヴェトナムコーヒー

3週間治らずの風邪が心配だったので、今日は近大病院で精密検査。

検査の結果、
血液検査問題なすぃ、胸部レントゲンは肺炎の気配なすぃ、肺機能検査も問題なすぃ、
で、花粉症の疑いアリだそうですわ。トホホ。
花粉症の検査結果は1週間後になるので、メンタルヘルス定期検診の3/3に、
併せて呼吸器内科の再診を受けることになりました。

まずは処方して貰ったツムラの漢方薬で咳は収まっています。

e0083155_19103433.jpg午後からは気遣いなしの友達と奈良でお茶タイム。
ここはビブレの斜め向かいのメロウカフェ。

冬以外はオープンカフェですが、さすがに冬はガラスの仕切りでクローズドにしています。

それでも日差しが沢山入り込むので、僕にはとても居心地の良いお店です。
例え周りがカップルだらけであろうが、一人でもとても癒されるお気に入りの空間です。
e0083155_19104323.jpg

e0083155_1911027.jpg今日はヴェトナムコーヒーなるものを初めていただきました。

ヴェトナム産のコーヒー豆をバターでローストしたものだそうで、
バター特有のマイルドさが加味されたまろやかなコーヒーです。

ちなみにホットもガラスのヴェトナム製コップでいただくスタイルでした。

e0083155_19111859.jpgホットは濃厚な味わい、コールドは案外スッキリ味です。
上からお湯を注いで濾したあと、底のコンデンスミルクをかき混ぜていただきます。

今日はカフェを出てから、
ビブレのアンテナショップのヴィレッジヴァンガードを冷やかして、
珍しく大人しく帰りましたとさ。
[PR]

by hinomarufighter | 2007-02-17 19:11 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

1/27diary 「飛鳥ルビー」という名の苺

24日水曜日はおやぢの三回忌でした。

法事には檀家になってる奈良の南和地区にあるお寺のお坊さんが、
毎回僕の家の北和地区まで40分かけて、クルマでお経を唱えに来て下さいます。
e0083155_11373433.jpg

そうしていつもおみやげに大和特産のスイカや苺を持って来て下さいます。
これは我が家がいつも楽しみにしている「飛鳥ルビー」ブランドの苺。
この農家で採れる苺は著名パティシエが直接買い付けるので、
一般家庭では決して賞味することが出来ない「幻の苺」なのです。

うちではすぐに食べずに2日ほど冷蔵庫で熟成させます。
より甘さが増して自分の嗜好にピッタリの最高の味覚になるのですよ。
今朝はトーストで、デザートにこの苺をいただきました。
「はぁ・・・、バカうまっ!ウ~ンしゃぁあせ!」
[PR]

by hinomarufighter | 2007-01-27 11:38 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)