<   2016年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

白の菖蒲が咲きました

蕾が膨らんでた残りの白の菖蒲が一斉に咲きました。
庭が華やかになりましたとさ。

e0083155_14295783.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-30 06:27 | 家/ガーデニング/メダカ | Trackback | Comments(0)

ポールスミス展

先週水曜日、京都国立近代美術館で開催中のポールスミス展を見学に行って来ました。
場所は地下鉄東西線東山駅下車徒歩7,8分。

写真撮影OKだったので、殆どのブースを撮影出来ました。

e0083155_16503684.jpeg
e0083155_16505692.jpeg
e0083155_16511936.jpeg
e0083155_16561400.jpeg

会場入口にはトライアンフとコラボしたボンネビルが展示されていました。

e0083155_16581920.jpeg

一つ目の展示室は写真好きなポールスミスが興味をもった画像がビッシリ展示されています。
こんなところから彼特有のインスピレーションが湧くのでしょうね。

e0083155_09452144.jpeg
e0083155_09454160.jpeg
e0083155_09460998.jpeg
e0083155_09462474.jpeg
e0083155_09463970.jpeg
e0083155_09465434.jpeg
e0083155_09470965.jpeg
e0083155_09472389.jpeg
e0083155_09474082.jpeg

ポールスミスが初めて開いたお店は僅か3メートル四方の部屋だったそうです。

e0083155_09480373.jpeg
e0083155_09481587.jpeg
e0083155_09482844.jpeg

ポールスミスのオフィス。
楽しそうなモノが一杯溢れています(笑)
ユニークな発想が次から次へと出てきそうですね。

e0083155_09510346.jpeg
e0083155_09515081.jpeg
e0083155_09520612.jpeg
e0083155_09523409.jpeg
e0083155_09525419.jpeg
e0083155_09533061.jpeg
e0083155_09540120.jpeg
e0083155_09550831.jpeg
e0083155_09552291.jpeg
e0083155_09553452.jpeg
e0083155_09554928.jpeg

最初の展示会はホテルの一室で。
沢山の知り合いが来てくれて盛況だったそうです。

e0083155_09543080.jpeg
e0083155_09545313.jpeg

これまでの広告とショーの入館証。

e0083155_09580966.jpeg
e0083155_09582288.jpeg
e0083155_09583552.jpeg
e0083155_09585083.jpeg
e0083155_09590705.jpeg
e0083155_09594884.jpeg
e0083155_10000133.jpeg
e0083155_10001673.jpeg
e0083155_10003181.jpeg

コラボ商品の数々も展示されています。

e0083155_10004614.jpeg
e0083155_10010685.jpeg
e0083155_10011843.jpeg
e0083155_10012975.jpeg
e0083155_10014141.jpeg
e0083155_10015120.jpeg
e0083155_10020315.jpeg
e0083155_10021803.jpeg
e0083155_10023469.jpeg
e0083155_10025147.jpeg
e0083155_10030411.jpeg
e0083155_10032286.jpeg
e0083155_10033449.jpeg
e0083155_10040383.jpeg
e0083155_10041423.jpeg

こちらはディスプレイ。
アリをモチーフにしたスーツにアリの行列が長く続いています。

e0083155_10043951.jpeg
e0083155_10045699.jpeg
e0083155_10051093.jpeg
e0083155_10053108.jpeg

世界各国のショップの佇まい。
どれとしと同じデザインはありません。

e0083155_10134530.jpeg
e0083155_10150600.jpeg
e0083155_10151904.jpeg
e0083155_10153411.jpeg
e0083155_10154443.jpeg
e0083155_10160328.jpeg
e0083155_10161893.jpeg
e0083155_10170648.jpeg
e0083155_10171960.jpeg
e0083155_10173240.jpeg
e0083155_10175034.jpeg
e0083155_10180136.jpeg
e0083155_10181472.jpeg
e0083155_10184497.jpeg
e0083155_10185924.jpeg
e0083155_10193260.jpeg

ポールスミスのお気に入りアイテムのアーカイブディスプレイ。

e0083155_10243634.jpeg
e0083155_10204576.jpeg
e0083155_10205634.jpeg
e0083155_10210734.jpeg
e0083155_10211770.jpeg
e0083155_10212955.jpeg
e0083155_10214262.jpeg
e0083155_10215305.jpeg
e0083155_10220404.jpeg
e0083155_10221516.jpeg
e0083155_10245211.jpeg

日本国内専用ブランド、ポールスミスコレクション。

e0083155_10230728.jpeg
e0083155_10231798.jpeg
e0083155_10233260.jpeg

ポールスミスのユニークなウォッチコレクション。

e0083155_10241865.jpeg
e0083155_10251553.jpeg
e0083155_10361133.jpeg
e0083155_10363363.jpeg
e0083155_10365309.jpeg
e0083155_10373624.jpeg
e0083155_10375298.jpeg
e0083155_10383229.jpeg
e0083155_10385036.jpeg
e0083155_10391411.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-29 00:46 | アクセ/グッズ/ギア | Trackback | Comments(0)

マツバボタンが咲きました

今年も、昨年落ちた花の種が発芽したマツバボタンのボウルプランター。
もっと伸びてから花が咲くものと思っていましたが、
今年はぎっしり発芽したせいか、短い成長段階で開花が始まりました。

ボタンに比べてグンと小さい可愛い花です。

e0083155_13263672.jpeg
e0083155_13265936.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-28 06:23 | 家/ガーデニング/メダカ | Trackback | Comments(0)

生駒山宝山寺ハイク

矢田寺サイクリングでは帰り道に足が攣って難儀して帰宅しました。
ので、今回は自宅から生駒山中腹にある宝山寺までハイキングしました。
下の写真右側中腹に宝山寺はあります。

e0083155_13122287.jpeg

途中、昔住んでた文化アパートがありました。
懐かしいなぁ。

e0083155_13140032.jpeg

昔の宝山寺旧参道や住宅地を通りながら宝山寺に着きましたが、登るに連れて勾配がきつくなり、何度も休憩しましたっ。

e0083155_13173885.jpeg
e0083155_13180630.jpeg

帰りに生駒駅前の焼き鳥屋さんで生ビィル二杯も飲んでしまいました。
カロリー消費したものの、最後に大量カロリーを食べてしまって、翌朝の血糖値は高めでした…!
意味ないぢゃん。

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-27 06:09 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

マツバギクが開花

地植えのマツバギクは満開だというのに、我が家のマツバギクはやっと咲き始めました。

歩道に面した東向きにあるせいか、栄養が足りないのか、例年開花が遅れます。

また、夏に向かってハイポネックスをたくさんあげましょう。

e0083155_14191574.jpeg
e0083155_14193989.jpeg

e0083155_14202143.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-26 06:14 | 家/ガーデニング/メダカ | Trackback | Comments(0)

徒然なるままに書いた日記

今の自分をぼんやり見つめ直すと、知らず知らずのうちに暗くなってしまってる。
いかんいかん。

今迄人の倍働いてきたのだから、早めに退職して良いねん。
真面目という呪縛から自分を解放してあげないと。
そう、皆が働いている平日を僕はもっと自由気ままに楽しもう!

失恋は素直に反省。
周りの人を皆幸せにすると標榜してたけど、
結果的に片方に肩入れするような発言になってしまいました。
でも、それまでの交際期間は精一杯思いやりを捧げ続けて来たし、これ以上自分を責めまい。
僕の次の恋は開業の夢を実現する延長線上にあるべき。

開業後はエネルギッシュに活動しながら長生きしよう。
それには心身の健康が第一。
焦らず心身のビルドアップを日々楽しもう。

IKKOさんの名言
「人生を暗くしてはいけない。自分の夢を切り開こう」
だねっ。

e0083155_1461313.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-25 06:27 | 人生の教え | Trackback | Comments(0)

当麻寺プチツーリング

先週、バイクVanVan90にまたがり、奈良県葛城市の当麻寺へプチツーリングに行って来ました。
日本で唯一東西に塔が並んで立っています。

平日でしたので、参道も閑散としていました。
まず、寺門をくぐると、正面に本殿が見えます。

e0083155_12214306.jpeg
e0083155_12221905.jpeg
e0083155_12224112.jpeg
e0083155_12562549.jpeg
e0083155_12564343.jpeg
e0083155_12570367.jpeg

左手には日本最古の釣鐘。

e0083155_12235910.jpeg

本堂手前の左手にはお庭が綺麗なお寺。

e0083155_12251230.jpeg

e0083155_12255927.jpeg
e0083155_12263496.jpeg
e0083155_12275947.jpeg
e0083155_12271263.jpeg
e0083155_12273888.jpeg
e0083155_12401850.jpeg
e0083155_12405181.jpeg

そしてまっすぐ歩いて行くと正面の本堂に到着。
向かって左手には南塔。

e0083155_12415899.jpeg
e0083155_12424678.jpeg
e0083155_12430755.jpeg
e0083155_12433090.jpeg
e0083155_12434500.jpeg
e0083155_12441951.jpeg

西塔は間近で見学出来ます。

e0083155_12460383.jpeg
e0083155_12463439.jpeg
e0083155_12465133.jpeg

本堂の裏側にある尼の寺の西南院庭園は大和三大名園のひとつで水琴洞もあります。

e0083155_12485008.jpeg
e0083155_12475707.jpeg
e0083155_12482519.jpeg
e0083155_12513047.jpeg
e0083155_12520725.jpeg
e0083155_12530050.jpeg
e0083155_12533340.jpeg
e0083155_12574069.jpeg
e0083155_12581370.jpeg
e0083155_12585192.jpeg
e0083155_12594512.jpeg

さらに奥に入ったあたり周辺の写真。

e0083155_13000725.jpeg
e0083155_13011885.jpeg

下の写真には両端にとう二つの塔が見えます。

e0083155_13013878.jpeg

e0083155_13022086.jpeg
e0083155_13024267.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-24 06:12 | プチ奈良観光 | Trackback | Comments(0)

幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと

欧米で幸せに生きるために「自分にしてはいけないこと」をまとめたサイトが大変な話題を呼んでいます。
これはマルクとエンジェルという男女のライターが書いている「人生を楽に生きるコツ」についてのブログから厳選されたもので、多くの人から絶賛を受けているようです。

海外のサイトでは15のことのうち、特に10番が一番大事だと指摘していますが、あなたはどう思いますか?

僕は1,5,13,14には失恋の後悔から解放してもらえそうです。
4,7,11,12には開業に向けて背中を押されました。意中の物件に一歩を踏み出しまする。

e0083155_23203815.jpg

1.「間違った」人と時間を過ごさない
人生は短く、あなたから幸せを奪うような人に時間を費やす余裕はありません。
誰かがあなたを必要としているのならば、あなたのことをきちんと評価してくれるはずです。他人の評価というのは、あなた自身が努力して勝ち取るべきものではないのです。あなたを過小評価する人に対して、認めてもらうように主張するのは時間の無駄です。
あなたが最高の状態の時に一緒にいてくれる人ではなく、あなたが最悪の時に一緒にいてくれる人こそが、あなたの真の友人なのです。



2.困難から逃げない
何か問題があればそれを真正面から向かい合いましょう。もちろん簡単ではありません。世界中どこを探しても、向けられた敵意に対して何の問題もなく対処できる人間はいません。人は問題を即座に解決出来るようには出来ていないのですから。
事実、そのような問題に直面すると、私たちは誰でも動揺し、悲しみ、傷つき、時には挫折することになります。
しかしそのようにして困難に直面し、学習し、適応し、最終的に解決することこそが、人生の目的なのです。こうしたプロセスを通して人間は進化してきたのです。



3.自分に嘘をつかない
世界中の全人類に嘘をつくことが出来たとしても、あなた自身に嘘をつくことは出来ません。人生は与えられたチャンスをものにした時にこそどんどんと改善されていくものですが、その中でももっとも手っ取り早く、困難なチャンスこそが、自分に正直でいられるかなのです。


4.自分自身の願望を後回しにしない
あなたが誰かを愛したことで自分を失い、自分の価値を信じられなくなってしまうことがあったとしたら、それはとても痛ましいことです。もちろん、他人を助けることはとても大事ですが、同時にあなた自身も救われる必要があります。あなたが追求したい夢や情熱、気になることがあるならば、今こそそれらを実行するべきなのです。


5.自分ではない誰かになろうとしない
人生において最も難しいことの一つは、自分自身のままでいることです。周囲はあなたが「みんなと同じ」人になることを求めるからです。でも、本当はみんな同じではありません。誰かの方が誰かより可愛く、誰かは誰かより格好よいし、誰かは誰かより若いし、あなたはあなた以外の誰とも違っています。周りの人から好かれようとして、変わるのは間違っています。
あなたはあなた自身でいること
で、あなたに本当にふさわしい人があなたを愛してくれるようになるのです。



6.過去にしがみつかない
過去にしがみついている間は、何も新しいことは起きません。それは同じ章を何度も何度も読んでいるようなもので、いつまで経っても次の章に進めません。


7.失敗を恐れない
何かに挑戦して、間違えてしまうことは恐ろしいことかもしれませんが、何もしないよりも10倍生産的です。全ての成功には、それまでに重ねた失敗がつきものです。失敗したことよりも、何もしなかったことの方を最終的には後悔するのです。


8.失敗した自分を責めない
間違った人を愛したり、どうでもいいことにこだわったり、といった失敗をすることは誰にでもあります。でも、そんな失敗から私たちは、何が正しいことで、自分にとって正しい人とは誰なのかを知るようになるのです。失敗して、困難に直面し、後悔することだってあるでしょう。でも、あなたはあなたの失敗でもなければ、あなたが直面した困難でもありません。それは過去に起きたことであり、現在のあなたは、未来を変える力をもった今のあなたなのです。過去に起きたことは、今後起こるであろうことに対する準備をあなたにさせる為のものに過ぎません。


9.幸せを買おうとしない
私たちが欲しがるものの多くは高価なものです。でも、本当に私たちを幸福にするものはお金がいりません。愛、笑顔、そして情熱を持って働くこと、これらは全て無料です。


10.幸せを求めて他人に依存しない
自分自身に満足していなければ、誰と一緒でも長期的に幸せになることはできません。幸せになる為に誰かを求める前に、まずは自分自身が精神的に安定する必要があります。


11.立ち止まらない

考えすぎてはいけません。考えすぎると、そもそもなかったはずの問題を自分自身で作り上げてしまうことになります。状況を判断して、行動を起こすべきです。あなたが問題に直面することを拒んでいる限り、状況を変えることは出来ません。もちろん前進することには常にリスクが伴います。でも、考えすぎてはダメ!一塁ベースに足を置いたままでは、いつまでも二塁ベースに進めないのです。


12.まだ無理だ、と思わない
チャンスが訪れた時に、100%の準備が出来ている人なんていません。でも千載一遇のチャンスがくれば、人は快適な状態から抜け出して、難しい挑戦をせざるを得ないのです。つまり、チャンスをつかもうとする時は、誰だって最初は快適ではないということです。


13.間違った付き合いはしない
男女関係は慎重に選ぶべきものです。間違った相手といるくらいなら、一人でいたほうがマシです。急ぐ必要なんてありません。運命の人とは、ふさわしいタイミングで、ふさわしい理由で会うことになるのです。寂しいからではなく、あなたがふさわしいと思うときにこそ、恋をしましょう。


14.以前の恋愛が悪かったからといって新しい恋愛を拒まない
人生では、あなたと会う人全てに、会うべき目的があります。あなたを試す人間もいれば、あなたを利用する人間もいるし、あなたに教訓を残してくれる人もいます。でも、一番大事な人はあなたの最高の部分を引き出してくれる人です。


15.他人と競わない
あなたより優れた人がいても気にしてはいけません。毎日、気にするべきは自分自身と向き合い、自己の記録を更新していくことです。
真の戦いはあなたとあなた自身による戦いでしかないのです。


[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-23 06:04 | 人生の教え | Trackback | Comments(0)

退職して2ヶ月半

退職して2ヶ月半。

未だ、週の半分はうつで寝たりゴロゴロしたりしています。
無理矢理外へ出れば、うつのしんどさを忘れられますが。

それをメンタルヘルス科の先生に話しても、
薬は変わらず、アドバイスは規則正しい生活を続けることだけ。

焦ってはいけないと自覚してても、
怠惰な毎日から抜け出したい気持ちが逸る。
毎日うつを感じない元気な毎日にしたい。

少しは目標を持とうと思います。
一時続けてた、夕方の散歩後、腹筋とスクワット、ウェイト上げを復活してみます。
開業のための物件探しも始めます。
毎日やりたいことの計画を作ってみます。

失恋も乗り越えて元気な毎日にしたいです。

e0083155_18461365.jpeg


[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-22 12:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

逃げる自由

為末大さんの著書『逃げる自由』。
そのアスリートらしからぬ後ろ向きなタイトルが話題となっています。「逃げる」という言葉に込めた思いについて、著者自らが語った内容を以下に抜粋します。

■逃げてみたからこそ気づくコトがある
それなりにこのタイトルにした理由がある。
人生は問題が山積みだ。

問題に追い回されて時間がない、そういった声をよく聞く。

確かに問題は山積みに見えるし、どこまでやっても解決するとも思えないほど大変だ。

みんな必死で問題を解決すべく奔走しているにも関わらず問題はなかなか解決されない。
一方で落ち着いてみると、問題の解決の前に、その問題は本当に解決すべきものなのかをよく考える必要がある。

こういう社会が望ましい、こんな人生を歩むべきだ、人はこうあるべきだ、がないと問題が存在しない。

問題が問題として存在するためには、それを問題だと感じる価値観が必要になる。

ところが、よく考えてみるとその価値観が本当に自分のうちから出てきた価値観かというとそれがあやしい。

問題を解決するコトは素晴らしい。

だが自分の人生の時間と能力には限りがあるというコトだ。

真面目な人は本当にそれは問題なのかを考える前ですら、すぐ解決に取り組んでしまう。

または問題があるにも関わらず取り組んでいない自分を責めるようになる。

そうして問題をいかに解決するかの為に毎日が埋め尽くされ、気がついたら自分が多くを背負ってしまっている。


自分らしさ、あるべき社会。

どんどん加速して“あるべき自分像と社会像“が、自分の中でも、他者の中でも確立されていく。

そしてその姿にがんじがらめにされて、自由が制限されていく。
極論すれば逃げてもどうせ逃げ切れない。

なにしろどこまでいっても自分は自分の人生を生きるしかないのだ。

だったら、私は問題に出くわしてこんがらがってきた時、そこから一旦逃げて距離をおき、冷静に眺めるコトが必要だと思う。

スポーツのスランプにおいて、本当の問題は実力の低下ではない。

もうおしまいだという考えから自分が抜けられなくなるコトだ。

そして、抜けられなくなるのは、目標のない選手ではない。

「絶対にうまくやらなければならない」と思っている人ほど、うまくいかなかった時に、過剰に焦り過剰にはまる。

どうでもいいものには人はそれほど追い込まれない。


『逃げる自由』という本で伝えたかったことは、現実との距離の取り方だ。

そのために逃げるコトが必要なのだと思う。

大丈夫いくら逃げても、どうせ自分からは逃げ切れない。

逆に逃げてみたからこそ、一体自分が何に縛られていたかに気づくコトがあると思うのだ。


※本文は為末大オフィシャルブログからの転載



これね。

退職して判ったけど、会社にいる時は社内方針、事業部方針、上司の指示等で自分の価値観は忘れて仕事してた。

一種の宗教感みたいやったかな。

退職してみてそれが良く解る。


これから新たに問題に直面したら、

失恋の反省に立って、特に以下のようなことを強く意識したいです。

自分らしさとは何か、自分らしくどう判断するべきか。

とりわけ、自分の良心に問いつつ解決を図ることを強く意識しようと思いました。
おわりぃ


e0083155_17111994.jpeg


[PR]

by hinomarufighter | 2016-06-21 06:58 | 人生の教え | Trackback | Comments(0)