<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アーバンリサーチのニットキャップ

バーゲンは、開始二週間後辺りにブラブラと残り福を見つけに行くタイプです〜。

最近は近鉄百貨店の外商担当が熱心なので、百貨店阿倍野本店を中心に、Hoopやアンド、MIO別館を回るコースが殆ど。
MIO別館はビームスやフレディグロスター、アーバンリサーチ等セレクトショップも多く、良くチェックします。

今回はそこのアーバンリサーチで、またまたニットワッチキャップ二つを購入してしまいました。
一つはネイビーのリネン55%コットン45%のリブニットタイプ。
もう一つはコットン100%のデニムカラーのケーブルニットタイプ。
どちらも落ち着いた印象で上品なイメージです。

e0083155_14405367.jpg

購入場所;アーバンリサーチ天王寺MIO店
購入価格;
リブワッチキャップ900円(定価1500円の30%オフ)
ケーブルワッチキャップ1400円(2500円の44%オフ)


[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-28 06:49 | アクセ/グッズ/ギア | Trackback | Comments(0)

伊達直人ふたたび Ⅱ

女性自身2016-12-15記事より抜粋

「子どもたちは虐待されるためではなく、抱きしめられるために生まれてきたんです。涙を流すためではなく、周りを笑顔にするために生まれてきた。これからも支援活動を続けていきます。すべての子どもたちへ、生まれてきてくれて、ありがとう!」

そうスピーチした河村正剛さん(43)はリング上で、’10年のクリスマスに群馬県の児童相談所に、10個のランドセルを“伊達直人”の名前でプレゼントしたのが自分であることを、初めて公表した。

当時、この“伊達直人”による寄付が報道されるや、児童養護施設などに“伊達直人”を名乗って善意の贈り物をする動きが全国に広まり、「タイガーマスク運動」と呼ばれる社会現象にもなった。

劇画『タイガーマスク』の主人公・伊達直人は、児童養護施設で育った生い立ちから、ファイトマネーを稼ぐたびにタイガーであることを隠して本名で施設に寄付しつづけた。

劇画中に登場する“虎の仮面”をつけて現実のリングで活躍してきた初代タイガーマスクの佐山聡さんは、'11年に「初代タイガーマスク基金」を設立し、理事長に就任。今回、河村さんが公表に踏み切った理由を、こう話す。

「ここ最近、『タイガーマスク運動』も徐々に下火になり、縮小してきてしまった。今回、その火を絶やしてはいけないということで、河村さんが『子供たちのためなら顔も名前も公表してもいい』と英断してくれたのです」(佐山さん)

現在は群馬県在住で、ふだんは会社員として暮らす河村さん本人が、本誌の緊急インタビューに答えてくれた――。

「母はがんで、長いこと病院で生活していて、私が3歳のときに亡くなりました。だから、中学生のときに、生前の母の写真を見せられても、『この人が僕のお母さんなんだ、ふ~ん』と思うくらいで、ピンときませんでした」

母親の記憶がないという、つらい経験を静かに語る河村さん。母の死後、母親の親戚の家に引き取られたため、父親の記憶もない。というのも、母親が父親と別居していた期間に別の男性との間にできたのが河村さんだったからだ。

引き取られた母の親戚の家では、十分な愛情を注がれていたとは言いづらい。なんと小学校に入学するときに、ふつうならワクワクして子どもが背負うはずのランドセルすら、買ってもらえなかったのだという。

「母の親戚には『ランドセルなんて、欲しかったら自分で買え』と言われたんです。だから、布製の手提げの買い物袋で通った。『なんで僕にはランドセルがないの?』と思いながら、同級生に『(君は)自分で買ったの?』なんて聞いた記憶があります」

その親戚宅で肩身の狭い思いをしつつも5年間過ごし、その後、父親の実家筋に引き取られたのだが、今度は食事も満足に与えられなかった。育ち盛りの中学生時代に、栄養失調になったことも。そんな厳しい環境のなかで、公立高校に合格した河村さん。幸い学費は免除となったが、生活費は足りない。だから土木作業員のアルバイトをした。

卒業後に上京したいと考えていた河村さんは、東京近郊で就職口が見つかり、社会人生活をスタート。そして――。

「いまから19年前。24歳で初めて子どもたちに寄付しました。ランドセル、施設への1万円の寄付、そしてクリスマスプレゼントなどです」

過去の報道などでは、河村さんがランドセルを寄付したのは'10年のクリスマスが最初で、そこから'11年1月の「タイガーマスク運動」の流れができたと思われていた。しかし実際には、その10年以上も前から、河村さんは人知れず、“伊達直人”として善意の活動をしていたのだ。

「11歳のとき、父の親戚宅でこう言われました。『なんでお前なんか生まれてきたんだ、謝れ!』と。私は『生まれてきてゴメンなさい』と言うしかなかった。本当に、心に穴が開きました……。そのとき決意したんです。『大人になったら、子どもたちに寄付できる人間になろう。この先も僕のような境遇の子は出るかもしれない。その子たちの力になろう!』と」

その信念で河村さんは今日まで、ランドセルだけでも50個近くを寄付してきている。初代タイガーマスク基金には、'12年に会議に参加し始め、'14年には理事に就任。最後に河村さんは“心からの願い”をこう訴えた――。

「ご自分の子どもを抱きしめてください。家族を大切にしてください。もしゆとりがあれば、その友達も大事にしてほしい。それで十分『タイガーマスク運動』なんです。普通の人が、タイガーマスクになれるんです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

苦労した分だけ人に優しさと思いやり一杯。
ーー河村正剛さんが不遇の環境に屈せず、立派な社会人になったこと、
同じ境遇の子供達に幸せになって欲しいと願う「魂」や「熱い想い」に胸が熱くなりました。
不遇の子供達のみならず河村正剛さんご自身も、もっともっと幸せになって欲しいです。

多少のいさかいがあっても、
夫婦、親子が一つの屋根の下に暮らし、
三度のご飯がきちんと食べれる。
学校に行ってみんなと一緒に楽しく勉強が出来る。
お父さんが家族のために一生懸命働いてくれている、お母さんの手料理が食べれる。
私達の今まで育って来た当たり前のような境遇が、実はどんなに尊く幸せなことだったなのか。
いつも感謝の気持ちを忘れないようにしなくちゃ。

e0083155_22475187.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-27 06:35 | 人生の教え | Trackback | Comments(0)

本町炭火焼食堂「膠(にかわ)」

北浜四軒ハシゴ酒ツアーの三軒目。

e0083155_19111679.jpg
e0083155_19113395.jpg
e0083155_19115686.jpg

中央区淡路町3-6-12  ローズプラザ一階
06-6282-7838
営業時間:17〜24時
定休日: 日曜祝日

L字型カウンターと四人テーブル席一つの立ち飲み屋さん。
焼き鳥が名物なのですが、9時に入店した時は既にはさみとせぎもは売り切れでした。

 せせり150円は品質鮮度共グッド。
なかなか美味しいでした。
はさみとせぎももやつくねも食べて見たいですな。

e0083155_19125909.jpg

パクチーチューハイ380円はスッキリ味でとても飲み易いです。
パクチー味が控え目なのがいいです。

e0083155_19132896.jpg

素朴な味のネギオムレツ280円と金柑のピクルス380円は箸休めにいいですよ。
金柑のピクルスって初めて食べましたが、これイケます〜。

e0083155_19135973.jpg
e0083155_19142368.jpg

肉どうふは480円。ミンチではなくしっかりお肉が入ってます。
海鮮類も食べてみたかったです。

はぁ、
仕事頑張って、
美味い肴とお酒に舌鼓。
ありがたいなぁ。

e0083155_19144532.jpg



[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-26 06:02 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

大学からの郵便物

水曜日、四月から講師を務める大学から初めて郵便物が届きました。
学生の成績採点やシラバス入稿時に必要なユーザーIDとパスワードが送られて来ました。

大学での講師がいよいよ近付いて来たと実感します。

うつに苦しむ前職から一転、夢のような新天地の仕事。
そんな仕事に就けた幸運に感謝し、息抜きの遊びも挟みながら、授業の準備も一生懸命頑張ります。

e0083155_11464212.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-25 06:38 | 再就職・開業準備 | Trackback | Comments(0)

湊町チャイニーズレストラン「bleu」

e0083155_11073027.jpg
e0083155_11013405.jpg
e0083155_11075656.jpg

久々に訪れた道頓堀川に面した中華レストラン「bleu」。
ここから見える夜景もご馳走です。
昨夜はフリードリンク付きSPコース4800円を楽しみました。

【前菜】和牛冷製チンジャオロース
【前菜】寒ブリのお刺身 葱と黒酢醤油
【前菜】柚子豆腐の中華湯葉揚げだし  
最初の前菜はまず見た目で楽しみました。
元々ここはシンガポールのマンダリンホテルのコックさんの料理だった筈。
国際都市らしい、伝統にとらわれない上品な味付けは薄めです。

e0083155_11022079.jpg

【点心】上海小籠包

e0083155_11025305.jpg

【一品】無添加雲丹の黄金麻婆豆腐
見ての通り薄味ながら、山椒のパンチも効いてて初めて体験した味の麻婆豆腐でした。

e0083155_11032488.jpg

【海鮮】大海老と冬野菜のせいろ蒸し
海老がプリップリで薬味の効いたソースをかけて食べると風味が一層引き立ちます。

e0083155_11034902.jpg
e0083155_11041282.jpg
 
【メイン】牛サーロインステーキの黒胡椒炒め
これも薄味なのにお肉の味が引き立てられてて、いくらでも食べられそうです。
中華というより懐石寄りの味付けですね。

e0083155_11044271.jpg

【ご飯】ずわい蟹の中華おこわ
カニ身たっぷりのおこわ。
これも薄味なのに中華風味があって美味しいです。
油の少ない薄味なので、どの料理も重くなく食べやすいです。

e0083155_11051412.jpg

【デザート】パティシエ特製デザート
手前は杏仁豆腐。向こうはプチケーキ。

e0083155_11054925.jpg

道頓堀川の夜景はちょっと幻想的で気持ちを穏やかにしてくれます。
いっとき、薬膳色が強くなったり色々メニューにも変遷がありましたが、今の味付けが一番好きですね。

e0083155_11062910.jpg
e0083155_11065381.jpg

スパークリングやワインはじぶんでぐらすにつぐセルフスタイル。
どれも欧州系の銘柄で美味しかったです。
フリードリンクだったので沢山飲んでしまいました…。

そんなこんなで、ゆっくり充電出来ました。

来週月曜は大学の実習授業テーマの教授への報告会。
どんな質問が来るのか不安ですが、土日は出勤なんで残り二日間で出来るだけ具体化して準備しようと思います。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-24 06:33 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

北浜立ち飲み処「ひさまつ」

割烹風の立ち飲み屋さん。
北浜らしくお客さんは皆ネクタイ族。
オフィス街だけあって客筋いいですね。


e0083155_19260041.jpg
e0083155_19261410.jpg
e0083155_19291726.jpg
e0083155_19263239.jpg

冷酒の山口の獺祭(だっさい)480円からスタート。  
なんちゅう口当たりのいいお酒なんでしょう!
それもその筈。お連れ曰く、他店では700円はする銘酒だそうです。

e0083155_19270820.jpg

食べたのは薄めの味付けのしめ鯖炙り380円。
小粋な湯葉蒸し生姜あんかけ480円。
本マグロ造り480円はまずまずでしょうか(写真なし)
いかぬたバター焼き380円のぬた味が絶品。ゲソでなくイカ切り身ならもっと美味しいでしょうね。

e0083155_19275294.jpg
e0083155_19281016.jpg
e0083155_19283097.jpg

この日は北浜四軒ハシゴ酒。
あー楽ちかった〜🎵

e0083155_19302635.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-23 06:18 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

今年50歳のスクーターと

今年で50歳を迎えるラビットスクーター。

うさぎは沢山愛してあげないと死んでしまうといいますが、我が家のラビットスクーターも三週間乗ってあげなかったらバッテリーあがりで死んでしまいました…。
でも、充電してやると元気に生き返りました(笑)

チラホラ雪が降るというのにバイク馬鹿ですな。
癒されたいがために乗ってしまう。
乗ると元気を貰える。
ゆっくりゆっくり、スロウクルージング。
ホットします〜╰(*´︶`*)╯

電気系トラブルで随分泣かされて来ましたが、ようやくノントラブルで楽しめるようになりました。
灯火類も含め、完動です。

三連勤ながらも今の仕事はホント疲れます。
三連勤明けは終日寝てるのに、
バイクに乗ると疲れも忘れるからありがたい。

バイクの趣味があって良かったと心底思います。

e0083155_15510092.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-22 06:40 | ラビットS301B4 | Trackback | Comments(0)

北浜立ち飲み大衆酒場「平山」

先週火曜夜は仲良しのでんさんプロデュースの北浜四軒ハシゴ酒ツアー  

一軒目は鉄壁ハズレなしのこのお店からスタート。

大阪市中央区伏見町2
営業時間 16時~24時(土曜は22時まで)
ランチ11時~14時(土曜は休み)
日曜・祝日定休

e0083155_19380870.jpg
e0083155_19384567.jpg

まずは黒生390円からスタート。
お酒の値段も良心的です。

e0083155_19390657.jpg

和風クリームチーズ390円は意外にアッサリ食べれてナイス。
ここの名物ドジョウの蒲焼き120円は水槽で泳いでるドジョウを捌いて焼いたもの。  
山椒を加えると一層風味が引き立ちます。
珍しい焼きシュウマイ290円は、名前の通り焼いただけでした(笑)
和牛ホルモン煮込み490円は出汁の美味さもさる事ながら、臭みが一切なく舌で溶けるトロトロさ。
ホルモン苦手の僕がオススメです。

e0083155_19400552.jpg
e0083155_19402620.jpg
e0083155_19404534.jpg
e0083155_19410301.jpg

リーズナブルな上に客層もいいし、
海鮮系を含めてメニューも美味しくて豊富。
スタッフも話やすく居心地いいので、北浜勤務なら毎日でも来たくなるお店ですねー。

気の置けない友と、オツな肴をアテにしみぢみお酒を飲めるのは幸せ。
癒しの時間を沢山作りましょ🍀


[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-21 06:32 | 大阪B級グルメ天国 | Trackback | Comments(0)

アーバンリサーチのソリッドタイ

ティモシーエベレストの春夏用茶色ジャケットはノータイコーデだったんですが、
仕事用にコーデするネクタイも探さないとと考えていました。

ラストバーゲンでいいのがあればと、心斎橋のアーバンリサーチを冷やかしてた時に見つけたのがこのブラウンカラーのソリッドタイ。
アーバンリサーチの「テイラー」ブランドで日本製のシルクタイです。

e0083155_00530992.jpg
e0083155_00532010.jpg

他に茶地にベージュのドットタイもあったのですが、シャツが大胆なストライプシャツだったのでうるさい印象にならないよう、シンプルなソリッドタイにしました。

購入場所;アーバンリサーチドアーズ心斎橋店
購入価格;6804円 (定価9000円の30%オフ)

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-20 06:16 | アクセ/グッズ/ギア | Trackback | Comments(0)

お菓子で出来た神社

バレンタインデーに難波に繰り出したら、難波ウォークのイベント会場にお菓子で出来た神社がありました。

大阪のお菓子の専門学校の生徒さんが作られたそうです。
えんむすびの神で「なんばワン神社」といいます。

e0083155_09343417.jpg
e0083155_09344760.jpg
e0083155_09351228.jpg
e0083155_09353025.jpg
e0083155_09354754.jpg
e0083155_09360301.jpg

前後ろ共沢山のお客さんで賑わっていました。
お札まで吊るすところがあって、恋が成就するといいですね〜。

みんなの楽しそうな表情を見てると、こっちまで気持ちがホッコリしましたよ。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-02-19 06:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)