大学非常勤講師の話

母校の大学非常勤講師の話を進めるとの連絡を受けた17日の翌日、
すでに就職が決まり、12月から出勤する会社を直前の時期になってお断りしていいものか、
朝からハローワークに相談に行って来ました。

結論は断ることにはトラブルは発生しない。先方の準備も進んでるのでなるべく早く断ること。
非常勤講師の話が机上の空論にならないよう採用方向かどうかをきちんと聞く。
の2つのアドバイスでした。

フルタイムではなく、週に何日かの勤務で仕事が出来る、
開業についても平行して準備を続けられる、
そんな条件が非常勤講師の背中を押します。

ハローワークから帰宅すると、紹介してくれた後輩経由で大学の教授からメールが来ていて、
職歴資料を送付するようにとのことでした。
ただ、「学位が必要なのは暗黙のルール」との話も書かれていて、
僕は院卒ではなく学部卒なので、イコール条件を満たさないとも取れました。
初めに明らかにしておくべき筈の大切なことなのに真摯さがなく、何とも釈然としない官僚的内容です。
こんな進め方はあまり好きじゃありません。
つぅか、これがむしろ当たり前なのかな?
採用が決まった就職先の対応が暖か過ぎたから余計にそう感じるのでしょうね。

e0083155_17115796.jpg

12月からの勤務予定なので、新職場の会長にも出来るだけご迷惑を最小に抑えるため、早くお断りの連絡を入れないといけません。
なので、メールの返信にはその旨と履歴書、職務経歴書の内容に加え、
今回の講師のお話は勿論面接等での不採用になることも承知の上として、机上の検討段階のお話ではなく、採用前提で進めてもらえる話なのか返事が欲しいと書き添えました。

まだまだモヤモヤしていますが、当面スピーディに対応を続けることにします。
以下追加
とか言ってたら、結局次週木曜15時より面接となりました。
他にもジャンルの違う講義の担当もあるみたいなので、面接の内容次第といったところでしょうか。
どうせ今月中には決まらないでしょうし。
クールダウン気味です…^_^

[PR]

by hinomarufighter | 2016-11-20 06:43 | 日記