カテゴリ:大阪B級グルメ天国( 397 )

法善寺横丁「正弁丹吾亭」

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!

久しぶりに訪れた法善寺横丁にある正弁丹吾亭。

c0388708_19592963.jpeg

下の看板は藤山寛美が書いた看板。善の字に横棒が一本足りないんです。
「僕アホやからどこか抜けてますねん」と当人ははぐらかすけど、意図的なのか本当に抜けたのか真相は判りません(笑)

c0388708_19594497.jpeg

予約時点であいにく二階の個室が満席も、落ち着いて食べれるようにと一階席の隅席を押さえて下さいました。

c0388708_20001010.jpeg
c0388708_20002366.jpeg
c0388708_20004058.jpeg

屋号はそのままに、5年前にオーナーが変わり、板長も交代したそうですが、料理のレベルは更にアップしているなと感じます。

c0388708_20005372.jpeg
c0388708_20423271.jpeg

今回は一番安い6000円の雪コースを楽しみました。

c0388708_20011084.jpeg

八寸は昆布で巻いたばってら、弾けた白い部分が食べれる揚げた稲穂、舞茸をウニで巻いた揚げ物、野菜の食感が楽しいジュレ等、どれも細かい仕事で美味しいです。

c0388708_19515733.jpeg

腕物はノドグロ。餅米握りの上には旬の銀杏と栗が載せてりました。
柚子ではなくレモンの輪切りがほんのり効いた出汁が美味しかったです。

c0388708_19522372.jpeg

お造りは鯛、シマアジ、炙った伝七アナゴ、トロ。
シマアジのコリコリ感が半端ない。新鮮な天然素材の証でしょうね。
鯛はほのかな甘味と粘りのある弾力が秀逸。滅多に味わえない代物です。(写真なし)

日本酒は福井の黒龍特選吟醸をオーダー。
+4の超甘口。フルーティで飲みつかれない風味。

c0388708_20444995.jpeg

銀鱈の西京焼きは脂が乗っていました。上品に味付けされたサツマイモや生姜と一緒に味わいました。

c0388708_19523286.jpeg

煮物は味噌田楽
揚げた生麩、ししとう、茄子と柔らかな里芋とたこ。
当店名物の味噌おでんと同じ味噌を使用。
濃厚な八丁味噌系でとても美味しいです。

c0388708_20443001.jpeg

揚げ物のかき揚げは海老とユリ根。
小振りで食べ易いサイズ。塩であっさりいただきました。

c0388708_19525499.jpeg

コース外で別途阿波地鶏の山椒焼き980円をオーダー。
弾力のある歯応えに山椒がピリッと効いています。
個人的にはもっと山椒が欲しいなぁ(笑)

c0388708_19552416.jpeg

〆は鯛釜飯と山芋とろろ入り赤だし、香の物 (いずれも写真撮り忘れ)
釜飯は30分程かけてゆっくり炊くそうです。

c0388708_19553785.jpeg

デザートは洋梨とキウイが沢山入った後味爽やかなジュレ。

c0388708_19555065.jpeg

大阪の老舗らしいきめ細やかな給仕と活気ある雰囲気🍀の中で懐石コースをいただき、とても楽しい一夜となりました。
料理はまさしく和食のベンチマーク級の美味しさ🌟

訪れた日は平日ながら6時には満席。
二階の座敷に団体客も入り出し、予約の電話がひっきりなしに鳴り続け、かなり賑わっていました。
手頃な価格でホッコリご馳走を楽しめる老舗の砦として永く続いて欲しいです📣
裏なんばもいいけどたまには正統なんばもいいものですな。

我が家のお祝い事使いの懐石は、
昔から奈良志まづ,南地丸三楼,大和屋三玄,正弁丹吾亭。
勿論、夜は高価過ぎて殆どをランチ利用でしたが(笑)
ところがここ10年の間に前者三店が続けて閉店してしまいました。
志まづは奈良公園店をたたみ、室生寺本店と二本松店のみ。
南地丸三楼は創業地 堺に移りましたが数年後に閉店。

かつては大阪の財界人の社交場と称された北の吉兆に対してミナミの大和屋。
庶民が大和屋に入店することは叶いませんが、大和屋の向かいにあった大和屋三玄は一見客でも大和屋の最高レベルの懐石が楽しめるということで、お祝い事に限って利用して来ました。
その大和屋三玄も大和屋廃業後暫くしてから閉店してしまい、その後高島屋で復活するも数年で閉店。
いまでは白金台と東京日本橋の二店のみの営業となっています。

[PR]

by hinomarufighter | 2018-10-31 06:03 | 大阪B級グルメ天国

石切神社参道「久保ひろうす店」

石切大仏下

c0388708_19313355.jpeg
c0388708_19315714.jpeg

母が大好きだった久保ひろうす店のひろうす180円。
7種の具材が入ってやや小ぶりの食べ易いサイズ。
店頭で購入してその日に我が家で食べると、揚げたて作り立て感と同時に豆の旨さを感じます。
素朴でホッコリ、幸せの味がします🍀

c0388708_19301868.jpeg
c0388708_19303217.jpeg

店主曰く、厚揚げと油揚げの中間のイメージの石切揚げ170円。
そのままロースターで焼き上げて、醤油と生姜をかけただけでいただく。
生の生姜だったら更に風味が上がるでしょう。
ビールが進みまする〜(・∀・)

c0388708_19305882.jpeg

手頃で親近感のあるおいしさ。
まさに大阪B級グルメの王様や〜(彦摩呂調で)

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-28 06:58 | 大阪B級グルメ天国

石切神社参道かた焼き煎餅「布一屋」

東大阪市東石切町1-7-58
9〜16:30
9のつく日定休

c0388708_18450744.jpeg
c0388708_18452218.jpeg

昔、爺さんがお土産に買って来てくれたのを食べた時はやたら硬かった印象があるのですが、出来たて購入直後の煎餅はそんなに硬くはないです。
口の中で噛み砕きながら味わってると、青のりと胡麻の味と煎餅本来の甘さと風味が口の中に広がります。
味わいがあって意外にクセになります( 笑 )

7枚入320円です。

c0388708_18491136.jpeg
c0388708_18422505.jpeg
c0388708_18423728.jpeg
c0388708_18424691.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-27 06:56 | 大阪B級グルメ天国

石切神社参道「たこつぼ」の明石焼き

石切さんに来たら、馴染みの参拝者は必ず寄る明石焼きの人気店「たこつぼ」。

昼時を過ぎた2時やというのに僕の前に三組並んでいました。

c0388708_18530954.jpeg
c0388708_19371998.jpeg
c0388708_19373600.jpeg

年配の親爺さんが丁寧に焼き上げる明石焼き8個600円は油っこさがなくあっさりしています。
本場明石の明石焼き(現地では卵焼きの名称)の出汁はしっかり味がしますが、
たこつぼでは大阪らしく主張しない薄味、優しい味のお出汁で相性も良く、食べ易いです。
卵焼き自体は柔らか過ぎずフワフワ。
薬味はきざみ三つ葉だけで充分美味しいですが、僕は2〜3個は出汁に生姜を入れて食べます。
甘みとスッキリ感でまた違った風味を楽しめますよ。

c0388708_19380006.jpeg
c0388708_19382158.jpeg

お出汁は沸騰状態でタコの陶器に入れられて運ばれて来ます。
c0388708_19384336.jpeg


[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-26 06:54 | 大阪B級グルメ天国

千日前純喫茶「アメリカン」

千日前にある老舗喫茶店、アメリカン。

中央区道頓堀1-7-4
9〜23時
第2第3木曜 プラスそれ以外の木曜1日の月3日休み
バリアフリー‼️

c0388708_09183116.jpeg
c0388708_09184172.jpeg
c0388708_09185279.jpeg
c0388708_18174899.jpeg


レトロな雰囲気ながら清潔で天井の高い店内は、クリスマスイルミネーションも飾られてお洒落な雰囲気になってるーー(笑)

でも客層は意外に若いんですよ〜。
きっと…スイーツに美味しいメニューが多いのと、なんだかホッとする雰囲気がいいんでしょうな。

トレンドを読んで最新メニューをいち早く取り入れ、店内も常に明るく演出。
でも会計担当は馴染みの年増のおばちゃん👌
この雰囲気「いいなぁ〜(ひふみん調で)」

名物ホットケーキはさすがにお腹いっぱいだったんで、
お酒を飲んだあとの〆にアーモンドオーレ 670円と ベアケーキ480円をいただきました。
いつかはここの個室で、ウィスキーコーヒー飲みたいです〜💕

c0388708_18180600.jpeg
c0388708_18182375.jpeg
c0388708_18190437.jpeg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-21 06:45 | 大阪B級グルメ天国

道頓堀日本料理「仁扇」のランチⅡ

今回はいつもの最安ランチからグレードアップして、すき焼き付きの2700円コースをいただきました。
ここは道頓堀松竹座の地下一階にあります。

c0388708_17533702.jpeg
c0388708_17534978.jpeg
c0388708_17540110.jpeg

前菜は卯の花、分葱のぬた和え、紫芋のババロアに出汁ジュレが乗ったプリンのような小鉢。
c0388708_17541759.jpeg

割烹の実力を試すお刺身は新鮮で脂の乗り、歯応え共に素晴らしいです。
c0388708_17542649.jpeg

メインのすき焼きは割烹らしく薄味の味付けながら、上品でお肉の美味しさを充分味わえました。
c0388708_17543678.jpeg

この後、ご飯とご飯の上に乗せるじゃこちりめん、香の物、
ミントの爽やかな酸味のするレモンゼリーのデザートが付きました。

出て来る料理のボリューム量は丁度いい程度。
割烹の丁寧な仕事がされたお料理、広々した店内、そつのない給仕、訪れる度に満足度が上がるお店です。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-20 06:43 | 大阪B級グルメ天国

街ハイク 石切神社〜緑橋深江橋

2017-12-17

11日は近鉄石切駅から石切神社まで山道を下り、
神社から地下鉄新石切駅まで歩き、電車で緑橋まで移動して、森ノ宮〜深江橋を徘徊の「街ハイク」しました。

石切神社参道は大変な賑わいぶりです。
それにしても相変わらず占いのお店が多いですが(⌒-⌒; )

c0388708_17225091.jpeg
c0388708_17231014.jpeg
c0388708_17232588.jpeg
c0388708_17344852.jpeg
c0388708_17350019.jpeg

ここの参道の細い路地には新旧のお店が共存しながらひしめいています。

c0388708_17313026.jpeg
c0388708_17314922.jpeg
c0388708_17352003.jpeg

びっくりしたのは、永らく来ない間に神社への参道に石切大仏なるものが出来ていました。

c0388708_17242273.jpeg

参道唯一の露天出店が出来るスペースがこの大仏さんの角。

※注記
バーブ坂田は昭和ムード歌謡グループ「バーブ坂田&大阪ミックスモダンデラックス」のリーダー兼バックコーラスですが、
営業機会激減で副業(こちらが本業かな 笑)で石切神社参道で露天商をやっています。
この場所が第二の職場。
日曜はタオルの露天でしたが、時々僕も掛け軸売っているんで覗いてみて下さい。

c0388708_17291879.jpeg

昔ながらの有名店が元気に営業されてるのは嬉しい限り。
七味調合や漢方薬に豆菓子やお漬物屋さん等々。

c0388708_17302461.jpeg
c0388708_17303893.jpeg

あと、石切神社参道は地元名物のグルメが沢山。
ひろうす、明石焼き、かた焼き煎餅のお馴染みさんから、じゃがマヨ、よもぎ天ぷら、安納芋の焼き芋屋さん等まで色々目移りしますねー。

c0388708_17362696.jpeg
c0388708_17363959.jpeg
c0388708_17365334.jpeg
c0388708_17371377.jpeg
c0388708_17373359.jpeg
c0388708_17374863.jpeg
c0388708_17380327.jpeg
c0388708_17505540.jpeg

駅からは下り道だったので楽チンでした。
石切神社では熱心にお百度詣りしてる方が多数。
きっとご利益があって、願い事が叶うのでしょうね。
僕はお賽銭を入れて、ご先祖様達の天国での穏やかで幸せな毎日をお願いしました。

ここから本日の主目的の餃子店のハシゴ。
石切神社から地下鉄新石切駅まで歩いて、緑橋駅下車。
森ノ宮から深江橋界隈を探検徘徊。
ユニークなお店が一杯。
ホルモン店に立ち飲み得一、僕の好みの店舗デザインの洒落た美容室までありました。

c0388708_17492317.jpeg
c0388708_17493601.jpeg
c0388708_17495037.jpeg
c0388708_17500594.jpeg

さてさてメインの餃子専門店の緑橋「味力亭」と深江橋「丸正あーちゃん」「チャンピオン」。
どのお店の餃子もそれぞれの個性で美味しかったです〜🎵
餃子レポートは後日別途紹介します。

c0388708_18094472.jpeg
c0388708_18100077.jpeg
c0388708_22375691.jpeg

今回もマイペースの「街ハイク」。
疲れ知らずであちこち徘徊出来ましたとさ。



2018-01-04

石切駅から山道を降りる際、「たこつぼ」店前を通り過ぎることが出来ず、今回も入って明石焼きを食べてしまいました💦

お店を出てから参道を下り、昨年食べそびれた石切グルメの「わかば」で「マヨじゃが」をいただきましたー🎵

東大阪市東石切町1-7-58
営業 9〜16時 不定休

めっちゃアツアツなのと、
おでんの出汁が良く染み込んだじゃがいも自体が美味しいので、マヨネーズソースが薬味のように絡んで美味しさが増幅されるパターンです。
意外にアッサリと食べられました。
他のおでんが140円均一なのですが、マヨじゃがのみ200円でした。
他に胡麻マヨバージョンもあるみたいです。

石切神社を通り過ぎて新石切駅に向かう途中に開店したやきいも処「いろは」。

東大阪市西石切町1-6-23

このお店の種子島直送「安納芋の焼き芋」は、素材自体の極上さと吹き具合が絶妙。
とても軟らかくて優しい甘さが際立っています。
これは「おっさん猛プッシュ177.png177.png」ですっ。
焼き芋Sサイズとやや細長い安納黄金芋はどちらも140円。
細長い黄金芋は後味がすっきりタイプのお芋さん。
焼き芋好きにはオススメです。


[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-17 06:24 | 大阪B級グルメ天国

街ハイク 阿倍野ー道頓堀ー千日前日本橋

今回の街ハイクは8日、友達とのランチを間に挟んで阿倍野界隈と道頓堀日本橋界隈を歩きました。

阿倍野は近鉄ハルカス本店で友達と自分用にクリスマスプレゼントを購入。

そこから地下鉄で難波に移動。
めがね屋さんでめがねのズレを矯正してもらって戎橋筋を北上しながらゆっくり徘徊。
御堂筋のいちょうは黄色一色も落葉が始まっていました。

c0388708_18092873.jpeg

13時半から道頓堀松竹座地下の仁扇で知人と和食ランチしました。
c0388708_18064050.jpeg

ランチ後は戎橋筋を南下、なんばウォークを日本橋まで歩いておか長でほっこり飲み。
タコの明石焼き、鯛のアラ煮等をアテにメガハイと黒生をグビー🎵
c0388708_18101008.jpeg
c0388708_18103263.jpeg
c0388708_18181808.jpeg

最後は千日前に戻り、久々にレトロな老舗喫茶店アメリカンに入ってスイーツで〆ました。
c0388708_18065846.jpeg
c0388708_18070998.jpeg
c0388708_17012162.jpeg

好きなお店で飲み食べしながらだと沢山歩いても疲れを全く感じませんねえ(*´∀`*)
丸一日を費やして、気ままに楽しく過ごせました。

世の社会人の皆さんが一生懸命働いておられる時間帯に当てのないボヘミアンツアー、のんびり幸せなことです。
感謝感謝です。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-16 06:20 | 大阪B級グルメ天国

京都西院立ち飲み「エラマサ」

京都市右京区西院北矢掛町46-2
18~24時 日曜定休

店前に黒のヴィンテージヴェスパが置かれているのが目印。
L字カウンターの明るくて広々した店内は落ち着いた雰囲気で居心地がいいです。

穏やかな店主と若い女性スタッフの応対も穏やかで女性客が多いのも納得です。

c0388708_11023181.jpeg

ツナとらっきょうを和えたツナラッキョ300円はオススメ。
今まで食べたことのないサクサクの食感で、ツナとらっきょがベストマッチングなので意外です。
c0388708_11030744.jpeg
ツムブリ500円。
初めて食べる珍しい魚のお刺身。

c0388708_11031960.jpeg

おでんだしの卵焼き350円
だし巻きのようなみずみずしさながら、出汁の味がしっかりしてありそうでなかった美味しさです。
c0388708_11033241.jpeg

黒ムツの南蛮漬け380円
ムツ本来の脂ののった身を南蛮漬けにすることによって柔らかい味に仕上がっています。

c0388708_11024717.jpeg

ユニークなメニューと穏やかにゆっくり飲めるのが嬉しいですね。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-15 06:18 | 大阪B級グルメ天国

京都大宮お好み焼きタコ焼き「壺味(つぼみ)」

京都市中京区錦大宮町152
17~23時
水曜定休
c0388708_10455319.jpeg

友達に勧められたのが、オーダーしてから運ばれてくるまでに40分かかるという、ここんちの名物「スジ肉入りネギ焼き」。

出来上がりを待つ時間も、満員の店内で皆さんとても楽しみに出来上がりを待っておられます。
なんともユルくほっこりした風景です。

でも、オープンキッチンで大将が丁寧に焼き上げる過程を見ているとどんどん期待は高まるばかり。
結論は、40分待った甲斐がありましたー!

つなぎが少ないのでネギ本来の旨味が凝縮されています。
それでいてもちもちしています。
最初に「辛味ソースを付けますか?」と聞かれて「お願いします」と答えたのですが、
個人的にはこのソースをつけない方がナチュラルな風味を味わえたのではないかと思います。

L字型カウンター席の後ろには立ち飲み席があります。
立ち飲み席からキッチンを眺めてワイワイ盛り上がりつつ出来上がりを待つのが最高のシチュエーションです。

c0388708_10442077.jpeg
c0388708_10444056.jpeg

てんこ盛りのネギですが40分かけてじっくり焼き上げます。
c0388708_10445842.jpeg

笑顔が絶えない大将、娘さん、お母さんの家族スタッフチームは応対にとても癒されます。
c0388708_10451848.jpeg

薄玉子焼きの上にネギ焼きを載せる
お皿にソースを塗ってネギ焼きを載せ換える
コテを何度も動かしながらネギ焼きを少しずつ切り分ける
切り分けたネギ焼きに丁寧にソースを塗る
鰹節と青海苔を振りかける
一連の作業がとても丁寧で魂が入った作り方をされるので感動します。
c0388708_10453201.jpeg

たこ焼きチーズコーン490円は普通サイズ。
アツアツのうちに味わって、好物のチーズとコーンの鉄壁コンビを楽しみました。

c0388708_09133077.jpeg

ここもまた来たいお店です。
隣や前のお客さんと一緒に会話が盛り上がって、めちゃ楽しかったです~。
また来たいなぁ💓

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-14 06:11 | 大阪B級グルメ天国