カテゴリ:プチ奈良観光( 76 )

高取城跡にツーリング

先日紹介した談山神社を訪れた後に、高取城跡まで足を伸ばしました。

車道入口からいきなりの足場の悪い登山道。しかも急斜面。
あぼーん(´・∀・`)
ツーリングブーツで来たことを後悔…↘️
10年前にも来たのですが、この登山道のことは記憶にありませんでした💦

c0388708_14185739.jpeg
c0388708_18072314.jpeg
c0388708_17471509.jpeg
c0388708_17473654.jpeg
c0388708_17480395.jpeg

登山道は熟年の団体ハイカーで大賑わい。
皆さん高価そうなアウトドアブランドで身を固め、とても楽しそうでした。

ここは三大山城の一つだそうで、とても広いお城です。
立派な石垣が当時の栄華を想い浮かばせます。

c0388708_16434736.jpeg
c0388708_17212174.jpeg
c0388708_17214141.jpeg
c0388708_17215877.jpeg
c0388708_17244433.jpeg
c0388708_17251555.jpeg
c0388708_17254474.jpeg
c0388708_17261806.jpeg
c0388708_17275087.jpeg
c0388708_17281962.jpeg
c0388708_17285247.jpeg
c0388708_17384737.jpeg
c0388708_17391454.jpeg
c0388708_17400541.jpeg
c0388708_17404453.jpeg
c0388708_17412866.jpeg
c0388708_17414948.jpeg
c0388708_17421644.jpeg
c0388708_17424103.jpeg
c0388708_17432721.jpeg
c0388708_17435633.jpeg

ここも紅葉がとても綺麗でした。

個人的には、城跡はさびれた物哀しい雰囲気が好きです。
また新緑の頃、人気の少ない平日に来て、ゆっくり佇みたいです。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-05 06:21 | プチ奈良観光

談山神社にバイクツーリング

先月26日の日曜は僕の大好きな神社の一つ、奈良県桜井市にある談山神社に紅葉を見にツーリングして来ました。

山門付近には樹齢何百年の大木が並び、歴史の重みをひしひしと感じます。
c0388708_19580352.jpeg
c0388708_19582538.jpeg
c0388708_19584409.jpeg

鳥居をくぐると鮮やかな黄色が目に飛び込んで来ます。
ここは他所と違って珍しく黄色が多く目立ちます。
境内までの階段周りは見事な黄色の紅葉でした。
c0388708_20005948.jpeg
c0388708_20012423.jpeg
c0388708_20015473.jpeg
c0388708_20021831.jpeg
c0388708_20070068.jpeg
c0388708_20074241.jpeg
c0388708_20081566.jpeg

境内のいたるところに黄色な木が一杯。
本殿では両親をはじめ 、ご先祖様の天国での平穏な毎日をお願いしました。
c0388708_20053639.jpeg
c0388708_20094074.jpeg
c0388708_20105493.jpeg
c0388708_20112754.jpeg
c0388708_20115655.jpeg

いつもは閑散としてて、その落ち着いた静寂の世界が好きなんですが、
今日は大勢の観光客で溢れて大賑わい。
お祀りされてる藤原鎌足公もきっと大層喜んでおられるでしょう。

c0388708_20193246.jpeg
c0388708_20195940.jpeg
c0388708_17265991.jpeg
c0388708_17274289.jpeg
c0388708_17281630.jpeg
c0388708_17283253.jpeg
c0388708_17295988.jpeg
c0388708_17302885.jpeg
c0388708_17305419.jpeg
c0388708_17311403.jpeg
c0388708_17313290.jpeg

談山神社のパワースポットの小さな三連滝。大和川の源流だそうです。
c0388708_20280564.jpeg

参道の土産店も人だかり。
僕のおみやげは珍しい柿チップス。
おばあさんの手作りだそうです。
肉厚でサクサク感はなく、ドライフルーツの部類ですね。
c0388708_16184487.jpeg
c0388708_20441940.jpeg
c0388708_20444553.jpeg

それともう一つは素麺の端くず。
お味噌汁の具に入れて食べるのが好きです。
c0388708_20450762.jpeg

出口付近で記念写真を撮ってたので、
独りぼっちでしたが一枚撮ってもらいました〜(*´Д`*)
c0388708_20452201.jpeg

お昼ご飯は揚げ餅とあんこたっぷり薄皮草餅。
c0388708_17330385.jpeg

生駒から談山神社まで片道90分、国道165号線から談山神社に至る道路は先日の台風で片道陥没箇所が二箇所でバスは通行止めになっていました。

この後高取城跡を目指しました。
後日紹介します。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-02 06:15 | プチ奈良観光

大和郡山 慈光院

月初に大和郡山にある慈光院までサイクリングしました。

c0388708_18233766.jpg
c0388708_18240697.jpg
c0388708_18225001.jpg

訪れたのは今回で二度目。
ここは何度行っても心が落ち着きまする。
入場料1000円で抹茶と茶菓子付きですよん。

京都の寺院のような派手さや豪華さはないですが、
控えめで心落ち着く雰囲気と、
比較的狭い敷地に庭木の配置、建造物の設計等全てが整然と計算された「きちんと感」が僕のフィーリングにピッタリです。
以下、入口から入った順に写真を掲示して行きます。

山門を入ると石畳が楼門まで案内してくれます。

c0388708_21155389.jpg

この楼門は茨木城から移築したものだそうです。

c0388708_21161487.jpg
c0388708_21165299.jpg
c0388708_21171518.jpg

玄関で靴を脱ぎ、受付で入場料を払って右に進みます。
右手には楼門背後のお庭が見えます。
長椅子があるので座ってしばし休憩。

c0388708_22432798.jpg
c0388708_21174253.jpg
c0388708_21182548.jpg
c0388708_22440124.jpg

さらに奥へと進むと26畳の書院があります。
足を踏み入れると、一気に借景を含め良く手入れされたお庭のパノラマが目に飛び込んで来ます。
インパクトありますよー👍🏻

c0388708_21283951.jpg
c0388708_21290988.jpg
c0388708_21293007.jpg
c0388708_21302684.jpg
c0388708_22381798.jpg
c0388708_21304511.jpg
c0388708_21310451.jpg

毛氈の上に座り、運ばれて来た抹茶と茶菓子をいただき、景色を眺めながらしばし、ひたすらボォォっとしていました。
この時間が、慈光院に足を運びたくなる最高の魅力(笑)

c0388708_21295884.jpg
c0388708_21434470.jpg
c0388708_21440708.jpg

書院左手には高林庵茶室が、右手には手水鉢があります。

c0388708_21401388.jpg
c0388708_21410052.jpg
c0388708_21412860.jpg

書院から左手の渡り廊下を歩くと、右手に腰掛けられる窓があります。

c0388708_21424651.jpg
c0388708_21430866.jpg

ここからは茶室に入る前に休憩する閑茶室、
本堂前の苔庭が眺められます。

c0388708_21491036.jpg
c0388708_21493371.jpg
c0388708_21494730.jpg

手水鉢の断面模様は奈良特有の石の表情とのこと。
全ての資材が奈良産だそうです。

c0388708_21480719.jpg
c0388708_21483240.jpg
c0388708_22444498.jpg

鐘まで小さめで奥ゆかしいですね。
五葉松は綺麗に剪定されていました。

c0388708_21555063.jpg
c0388708_21561652.jpg
c0388708_21573059.jpg

住職のご説明で、本堂の天井には入江正巳画伯による墨絵の龍が描かれているのを知りました。
入江画伯は自作の日光東照宮の天井墨絵よりも慈光院の墨絵を気に入っておられたそうです。
住職曰く、
龍は強気、勢いを授けてくれる、
そしてこの龍は鳴く、
本堂真ん中に立って手を叩くと鳴き声が聞こえる、と。仰る通り、本堂真ん中で強気に勢い良く手を叩いてみると空気の振動する音が響きました。
これが住職の仰る「龍が鳴く」声なんですね。
凄い!

c0388708_22273087.jpg
c0388708_21582183.jpg

本堂の先右手にも小さなお庭があります。
木彫りの壁飾りはモダンな印象。

c0388708_21522366.jpg
c0388708_22281425.jpg
c0388708_22283955.jpg
c0388708_22290447.jpg

他にも興味を引く家の庭のしつらえが一杯ありました。

c0388708_21473991.jpg
c0388708_22310968.jpg
c0388708_22302434.jpg
c0388708_22304723.jpg
c0388708_22325892.jpg
c0388708_22334106.jpg
c0388708_22335675.jpg

建屋を一通り回った後は庭を散策しました。
夏枯れした苔庭が緑豊かになるにはもう少し時間がかかりますかね。

c0388708_22373395.jpg
c0388708_22390283.jpg
c0388708_22392548.jpg
c0388708_22394652.jpg
c0388708_22405302.jpg
c0388708_22411540.jpg
c0388708_22414184.jpg
c0388708_22415591.jpg
c0388708_22421050.jpg

今回は沢山写真を撮ったので、この記事を読み返す度に感動が蘇ることでしょう。

山門を後にして、サイクリング道から慈光院を眺めたら、こちらも風情がありました。

c0388708_22475695.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-10-13 06:57 | プチ奈良観光

平城京東院庭園「庭の宴」

先月23日に抽選で応募した平城京東院庭園(特別名勝)の「庭の宴」に参加しました。

奈良文化財研究所という公的機関がプロデュースするイベントでしたが、演出が良く練られていてとても楽しかったです。

c0388708_10323539.jpg

近鉄新大宮駅までマイクロバスで送迎付き。
平城京宮跡から少し東に位置する東院庭園で18時開演でした。

こんな場所にこんな素敵な日本庭園があったなんて「びつくりー‼️」
ココ、奈良の穴場です。
数ある著名日本庭園の中でも国宝級レベルの庭園だそうです。

c0388708_10330453.jpg

700年代の古代食(奈良パークホテルシェフの調理)のお弁当と古代の濁り酒(豊祝)白酒(しろさ)三杯付きで2500円でした。
古代食はレシピに基づき作られた、黒米と赤米の俵飯、チーズに似た古代の乳製品「蘇」、鹿肉、楚割(佐米と鮭)、保谷といかの酢の物等で構成されています。

c0388708_10354852.jpg
奈良時代の宮中の宴席を再現。
中国東北部からロシア沿海地方にかけて栄えた国「渤海(中国)」との交流がテーマで、
交易で平城京に来奈した渤海使の使者を光仁天皇一家がもてなす饗応宴席をモチーフしています。
研究員の渤海に関する木簡の内容の説明等を交えながら、
渤海で奏でられた雅楽を再現した生演奏の中で、
古代天平衣装のファッションショー(渤海使史都蒙の接遇-宝亀八年五月七日)のライブがありました。
途中、使者の舞もありました。
雅楽って、素朴だけれど雅やかでいいですね。
とても惹かれました。
下の写真は会場に展示されていた当時のおもてなし料理と発掘された木簡。

c0388708_10360180.jpg
c0388708_10361453.jpg

残念ながらライブ中の撮影は禁止。
閉演後にモデルの撮影会がありました。
当時の煌びやかな衣装は、現代に至っても上品で優雅なパッションを感じます。
着物文化より現代的で素敵でした。

c0388708_10333498.jpg
c0388708_10334762.jpg
c0388708_10340218.jpg
c0388708_10341794.jpg
c0388708_10344061.jpg
c0388708_10350069.jpg
c0388708_10351266.jpg

心底満喫出来ました。
これからは毎年参加して年中行事の楽しみにしたいですね。

庭園は、サイクリングで別の日に再訪し、ゆっくり日中の美しさを堪能するつもりです。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-10-04 06:55 | プチ奈良観光

天理ライド&ウォークその2 天理商店街〜天理駅

石上神宮から再び天理教教会本部前を通り、天理本通り商店街に入りました。
天理教のイベントもなく、大学や高校も夏休み中ということで通りは閑散としていました。
夕方5時前ということもあり閉店準備をするお店も多数。

e0083155_20111739.jpg
e0083155_20113293.jpg

東西に走る通りは早足で歩いて片道15分程度でしょうか。
天理駅に着くと駅前広場が劇的に変身していたので、びつくりー!

e0083155_20120576.jpg

大きな円形施設が三つ。
一つはTREKブランドのサイクルショップ。
店内にはオーガニックのカフェも併設されてて、おされ~~🐤
爺さん婆さんの天理教信者さんが駅に降り立って、この新しい風景を見ると腰抜かしそう(笑)

e0083155_20122210.jpg
e0083155_20123397.jpg

あとの二つの円形施設は中央部がアスレチック施設になっています。

e0083155_20124648.jpg
e0083155_20130464.jpg

一つは中心がすり鉢状になっていて小さな子供達が楽しそうに走り回っていました。

e0083155_20132686.jpg
e0083155_20135538.jpg

施設の外側にもネットや大きなブランコ等の施設があり、どれも子供たちに大人気。

e0083155_20134217.jpg

施設に隣接して小さなミニコンサート会場も併設されています。

e0083155_20141106.jpg
e0083155_20143164.jpg
e0083155_20145149.jpg

こちらの施設は中央が大きなバルーン風船状になっていて、その上で子供たちが飛び跳ねて遊んでいました。
おっちゃんもやりたいぞー🎵 朝早くに天理に来たらピョンピョンやってみよー。

e0083155_20150985.jpg

バルーンの周りは白砂が惹かれててビーチのよう。

e0083155_20152036.jpg

こんな施設が一か所出来るだけで随分街並みが活性化されますね。
子供達の笑い声があちこちから聞こえて来ます。
38歳の若き市長の提案なんでしょうか、
旧いイメージが強い伝統的な街に、若い息吹を感じます。

日も傾いて来たのでバイクを停めた教会本部まで早足で帰りました。

バイクで帰り道、
西の空の夕焼けがとても綺麗で、のんびり夕焼け空を眺めながら走りました。
5km程度の少ない距離のウォーキングでしたがリフレッシュ出来ました。

次は壺阪寺までバイクで走り、高取城跡まで歩くつもりです。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-09-22 06:09 | プチ奈良観光

天理ライド&ウォークその1 天理教本部〜石上神宮

先月30日、
体力増強の一環として、天理までバイクで行き、天理教教会本部近くにバイクを停めて、
そこから石上神宮~天理駅~天理教本部をウォーキングしました。

e0083155_18521416.jpg

相変わらず天理教教会本部は立派な佇まいですね。
天理高校生徒が拝殿内に整然と正座しておつとめ(お参り)をしておりました。
そんな厳かな雰囲気で拝殿に入りづらかったのですが、隅っこに座り両親はじめ御先祖さまが天国で穏やかに過ごせますようにとお願いして来ました。

e0083155_18523451.jpg

e0083155_18525391.jpg

教会本部からは歩いて10分足らずで石上神宮のある布留山に着きます。
ここからなだらかな坂を登ると石上神宮の境内です。

e0083155_18531100.jpg

境内は相変わらず凛とした空気が漂う澄み切った雰囲気です。

e0083155_18541285.jpg
e0083155_18543075.jpg

境内からは神様が鎮座する本殿の頭の部分だけを見ることが出来ます。

e0083155_18544947.jpg

本殿のみならず摂社4社にも、これまでの幸せに対する感謝とお礼、これからの御加護のお願いをしました。

e0083155_18550789.jpg

石上神宮は巷を賑わせているパワースポットとして奈良では大神神社と共に双璧をなす二大スポットですが、
実際に手に触れることの出来るパワースポットがこの御神木。
幹に手を当てて「周りの人を幸せにする力を私に授けて下さい」と祈りました。

e0083155_20060657.jpg
e0083155_20062173.jpg

境内に放し飼いにされたにわとり達は相変わらずマイペース。
人が近づいてものんびりしたものです (笑)

e0083155_20065521.jpg
e0083155_20071787.jpg

清々しい気持ちで神宮をあとに、再び天理教教会本部前まで歩きました。

続きはあすの続編で紹介します。

e0083155_20073413.jpg


[PR]

by hinomarufighter | 2017-09-19 06:49 | プチ奈良観光

信貴山開運橋からのバンジージャンプ

とうとう奈良にもバンジージャンプスポットが出来ました。
e0083155_18342477.jpg
e0083155_18343692.jpg
e0083155_18344995.jpg
e0083155_00560885.jpg
e0083155_00563881.jpg
e0083155_00581127.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-17 06:29 | プチ奈良観光

信貴山城跡にライトトレック

11日は信貴山山門までスクーターで行き、そこにスクーターを置いて信貴山城跡までライトトレッキングして来ました。
山門手前には沢山のお地蔵さん(*゚▽゚*)

e0083155_01151302.jpg
e0083155_01154562.jpg
e0083155_01161243.jpg

まずは本山の朝護孫子寺を目指しました。
本山までの参道は、大きな張り子の寅や休憩所を横目に見ながら、お年寄りでも歩けるなだらかな坂道です。
e0083155_01123610.jpg
e0083155_01100260.jpg
e0083155_18350693.jpg
e0083155_01112996.jpg
e0083155_18353424.jpg
e0083155_01114667.jpg
e0083155_01121696.jpg
e0083155_01263505.jpg
e0083155_01131389.jpg
e0083155_01133682.jpg

お天気も良く、朝護孫子寺からの眺めは絶景です。
e0083155_01055394.jpg
e0083155_01061499.jpg

朝護孫子寺から少し戻ったところに信貴山城跡への道があります。
e0083155_01144830.jpg

ここからは九十九折りの坂道が続きます。
元気なちびっ子達にどんどん抜かされるおっちゃん💦
気にしない気にしない、マイペースキープだよん。
( ̄∀ ̄)
鳥居を沢山くぐりながら登っていきます。
e0083155_01191115.jpg
e0083155_01193083.jpg
e0083155_01194800.jpg
e0083155_01200740.jpg
e0083155_01205341.jpg
e0083155_01210718.jpg
e0083155_01212581.jpg

山門から30分程度で信貴山城跡の看板が立っている場所に着きました。
ここまではおっちゃんの体力でも意外とスイスイ登れます。
ただ、城跡にしてはとても狭い平地だったので 興醒め…。
本当にここが城跡なの?って感じです。
e0083155_01214721.jpg
e0083155_01221896.jpg

ここから先に進むと松永屋敷跡があるというので行ってみることにしました。
さっきまでと打って変わって、今度は急勾配の下り坂。
帰りはここをまた登るのか…と暗くなりながら (笑)、
10分程度歩いたでしょうか、松永屋敷跡に着きました。
e0083155_01224568.jpg
e0083155_01230980.jpg

ここは広い平地部になっています。
看板の説明を読むと、信貴山城は550m×700mの広大な山城で、この松永屋敷跡もお城の一部とのことです。
木漏れ日の差す広い平地にたたずむと、かつての栄華を誇った面影もなく、廃城特有の切なさを感じます。
やっと城跡に来たと実感しました。
e0083155_01232773.jpg
e0083155_01234416.jpg
e0083155_01243147.jpg

降りて来た道を、最初の城跡の看板があった場所まで戻り、更に上に進むと 空鉢護法堂 に着きました。
ここにも信貴山城跡の石碑が立っており、信貴山城の広大さを実感します。
ここからの眺望も広大でホッコリしますよ〜。
e0083155_01240994.jpg
e0083155_01252076.jpg
e0083155_01245726.jpg
e0083155_01254642.jpg

登りより下りの方が、膝の関節に少し痛みを感じました。
小さな歩幅で歩いたつもりですが、日頃の運動不足が露呈しました…。

帰りにラーメン屋さん「アベノ日本一」を訪れたのですが、スープ売り切れで6時からの営業再開らしく入れませんでした。
オー、ノォォォォォォ!
また来ようっと。
e0083155_06441641.jpg
e0083155_06443031.jpg
e0083155_06444391.jpg

生駒方面からは、
近鉄東山駅を西に進み、広域農道(信貴山フラワーロード)を走り、信貴山まで約20分。
道草しながら、山門ー朝護孫子寺ー信貴山城跡ー松永屋敷跡ー空鉢護法堂ー山門 のコースで二時間程度のコースでした。
近隣の駐車場は終日500円。

夕方近くでしたが、中年のご家族連れも多く健康ウォーキングにオススメです👌🏻

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-14 06:02 | プチ奈良観光

生駒宝山寺へナイトクルーズ

近鉄生駒駅南側の道路を西に向かい、つづら折りの山道を登って行くと5分足らずで宝山寺の駐車場に着きます。

月初の1日ということもあって、
夜の9時過ぎでしたがひっきりなしに車の出入りがありました。

e0083155_22465204.jpg

駐車場手前の道から見下ろすと、奈良市内を一望出来ます。綺麗な夜景です。
気温の低さも体感します。

e0083155_22470153.jpg

e0083155_22471737.jpg
e0083155_10040666.jpg
e0083155_22475091.jpg

境内への階段途中に掲示板があります。
毎回ここに書かれている教えを読むのが楽しみの一つです。
今回は「請業の影(行為の因果関係)」。
今なす行為の現象が報いとして起こると説いています。
善の行いを続けていれば、必ず良い報いがあると信じて精進したいものですね。

e0083155_22480818.jpg
e0083155_22482500.jpg
e0083155_10004116.jpg
お寺の境内に神社があるのがなんだか不思議です。
毎回この神社と右隣のお寺に手を合わせます。

e0083155_10044192.jpg
e0083155_10045242.jpg
e0083155_10052445.jpg
e0083155_10053941.jpg

ここに来るといつも心が静まります。
僕の癒しのスポットです。
PRAY FOR FAMILY.

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-11 06:46 | プチ奈良観光

矢田山遊びの森

先週火曜日は久々のロングウォーキング。
休憩を何度も取りながら、大和郡山市の県立矢田自然公園内にある矢田山遊びの森に自宅から歩いて行って来ました。

e0083155_23133453.jpg

近鉄東生駒駅から小瀬健康福祉ゾーン行きの奈良交通バス終点から国道308号線を登って行きます。

バスの終点には足湯があります。
自宅から歩いて来るといい休憩ポイントになります。

e0083155_23174057.jpg
e0083155_23175784.jpg
e0083155_23181474.jpg
e0083155_23183176.jpg

308号線はあまりの道の細さに国道とは信じられません。
しかも舗装は荒れ放題…。
バイクで来ると坂道でハンドルが取られて怖さを感じます。

e0083155_23131461.jpg

途中、久々に玉虫見つけました🎵

e0083155_09584753.jpg

遊びの森入口に着き、公園事務所を通り過ぎると、
いきなり広々とした緑一色の圧倒的空間がある目に飛び込んで来ます。

静かで開放的な空間は、まるでこの世の天国にいるよう。
時間がゆっくり流れ、とても気分が落ち着きます。

沢にはメダカが泳ぎトンボが飛び交っていました。

e0083155_23195463.jpg
e0083155_23201673.jpg
e0083155_23205742.jpg
e0083155_23211572.jpg
e0083155_23215835.jpg
e0083155_23223042.jpg

奥まで登り、振り返ると大和郡山の街並みまで見通せます。
e0083155_23221338.jpg
e0083155_23225203.jpg

バス停から遊びの森まで約1キロ。
登り勾配がきつい箇所もありますが、初心者でも十分楽しめるライトなウォーキングコースです。

途中には飲料の自動販売機も3台ありますので夏の水分補給に助かります。
勿論、公園事務所にも自動販売機がありますよ。

近大生の男女グループがウォーターポンプで水をかけあってはしゃいでいました。
平和やなぁ。

お日様の光をたっぷり浴びて、
マイナスイオンを胸いっぱいに吸って、
命の洗濯しましたー。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-08-08 06:17 | プチ奈良観光