カテゴリ:うつ病( 137 )

うつ病による休職の障害年金申請

20日は、
事前予約してた、うつ病による休職の障害年金申請の相談に、奈良年金事務所を訪問しました。

c0388708_17385942.jpeg
c0388708_17391310.jpeg

相談の冒頭、相談員からは20年前の初診を受けた医院での初診証明書が必要との話があり、いきなり絶望的なハードル。
そんな昔の書類、ある訳ないよなぁ。はぁぁ…。

ダメ元で、26日に20年前に初診で訪ねた心療内科の医院を再訪しました。

懐かしい待合室の景色を見て、インターネットで調べて初めてここに伺い、うつ病と診断されたらなんだか逆に安堵した時の思い出が蘇りました。
c0388708_13405459.jpeg

そして、
ナ、ナント‼️カルテが残ってたそうです。
嬉しいな〜🌈
正確には初診日は平成11年3月6日だそうで約17年前でした。

この当時から地を這う苦難のうつ病との闘いのはじまり。
16年に渡る、永く辛い僕の暗黒の歴史です。

幸い、
とりわけ家族、そして同僚友人、医師のサポートのおかげで、潰れてしまうことなく乗り越えることが出来ました。
僕は今こうして生きています(笑)
再興を果たし、活性化した毎日です。

今になって思えば、うつ病も宿命だったと捉え、今の幸せな毎日へのプロローグだったとさえ解釈出来ます。

わずかな金額かも知れませんし、書類の準備は大変ですが、うつ病を克服した自分へのご褒美としてのんびり対応していくつもりです。

いいことばかりの幸せな年末になりました。
神様、ご先祖様、ありがとうございます🍀

[PR]

by hinomarufighter | 2017-12-30 06:02 | うつ病

二ヶ月ぶりのメンタルヘルス科受診

15日は定期的なメンタルヘルス科受診の日でした。

c0388708_11574644.jpeg

最近はずっとノンストレスの日が続き、うつ病を感じる日は皆無になりました。

勿論、薬は飲んでいませんし、
就寝前にベッドでケータイをいぢり過ぎて眠れなくなった時、たま〜に睡眠薬を半錠飲むくらいです。

穏やかな毎日が続き、有難い話です。

先生からは何も指導も無くなりましたし、日常を詳しく聞かれることもなくなりました。
今度は三ヶ月後の2月の受診予約になりました。

これからも引き続き穏やかに毎日を過ごし、
講師の仕事や日常生活を通じて少しずつメンタルのタフさも取り戻して行ければと思います。

いずれ貯金も底をつき、講師以外に他の日も働かざるを得なくなる日が来るでしょう。
でも振り返ってみれば、今まで20年間うつ病ながらもメーカー勤務を続けて来た訳ですから、
その時は何とかなるでしょう(*´∀`*)
自分の底力も信じています。
楽観的に考えまする〜。

山の上の病院は一足早く落葉が始まっていました。

c0388708_11571190.jpeg


[PR]

by hinomarufighter | 2017-11-24 06:56 | うつ病

メンタルヘルス科受診

一昨日、ひと月ぶりにメンタルヘルス科を受診しました。

e0083155_10525589.jpg

ひと月前に、少し重いうつの症状を自覚して受診以来、
逆に敢えて抗うつ剤を飲まずにアクティブに過ごして来たら、今は薬不要で元気にやれてます。アハッ。

うつ病はゆり戻しがあるそうです。
そりゃ20年もうつ病だったんだし、小さなゆり戻しは仕方ないと割り切るしかないのでしょう。
仕方ないですね。
重い症状を自覚したときはまた病院を受診したらいい訳で。

今回は抗うつ剤の処方もありませんでした。

床につくとケータイを見てしまい眠れないときがあるので、睡眠薬のみとんぷくで処方して貰いました。
睡眠前にケータイを見るのはやめないとダメ!

それと…深酒もうつ病には良くないそうです。
酔ってハイテンションになるのはメンタルヘルスを疲れさせてしまい、翌日ダメージになるとのこと。

歳も歳ですし…。
最近は飲み過ぎて記憶ぶっ飛びも多くなりました。
飲む量を控えめにしなきゃね〜。
って、
やっぱり、
これからも飲むをやかい🔨🔨

[PR]

by hinomarufighter | 2017-07-21 06:40 | うつ病

セカンドステージスタート

一昨年末頃からうつが立ち行かなくなって、
メンタルヘルスの回復がこれからの人生において何より肝要と悟りました。
再び人生を輝くものにしたいと願い、早期退職して一年4ヶ月。

昨年12月から結婚カウンセラーとして週三働き出すまでは、重篤になったうつ病を癒すことで精一杯。
カウンセラーもうつ病再発で、今年3月に迷わず退職を即断。
4月からは週イチで、念願の大学の非常勤講師として働き始めました。

最初は講義準備に追われてましたが、春学期も終盤になり、最近では学生が熱意を持って授業に取り組んでくれるので大学に行くのが楽しくなっています。

大学は広くて開放的な雰囲気もあり、うつも忘れてしまってたんですが…、
なんでか…5月中旬からメンタルヘルス的なしんどさを感じ出し、併せて昼に強い眠気に襲われて昼寝してばかりするようになりまして…。
またまた抗うつ剤を飲み始めました。
そんなこともあり、6月21日にメンタルヘルス科を受診。

e0083155_20073424.jpg

主治医と話す中で、
自分の部屋が荒れ放題で片付け出来ない、
寝付きが悪く睡眠薬を再び常用するも効かない、
朝から何もする気が起こらず引きこもり、
等うつ病の症状を再認識した次第です。

その日以降しんどさを感じても、
逆にプラス思考でまずは無理矢理外に出るようにしました。
好きなことをやり出すと、うつのしんどさを忘れてしまいます。
な、なんでかな💦  
「なんぢゃそれそれ脇も剃れ〜〜‼️」
ちゅうことですわな。アハ

庭木の剪定や花の株分けとかガーデニングに勤しんだり、
クルマやバイクをいじったりプチツーリングでお日様一杯浴びれる場所でほげーっとしたり、
週の半分は外に出て色々楽しんでいます。

他にも自転車ツーリング、ヤフオク、SNS、染色等の服のリメイク、SUP等々、やりたいことがどんどん湧いています。

週休6日のキラクなセカンドステージ。
今頃になって初めて、
「仕事以外の休日をたっぷり楽しもうじゃないか」
という前向きな思考が出来るようになりました。

没頭し過ぎて疲れないようテケトに休憩の日を設けることにも留意しつつ、
前向きで楽しいセカンドステージ、スタートさせまする〜〜(๑・̑◡・̑๑)

e0083155_22433141.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-07-11 06:06 | うつ病

うつが再発しましてね

またうつが再発しましてね。

e0083155_08340999.jpg

今のカウンセラーの仕事は、経営方針にはとても共感しています。
土日月の週3日勤務とはいえ、
朝9時半から夜8時半まで拘束。
通勤片道2時間。
80歳を超えた創業者夫婦が今尚第一線で陣頭指揮する小さい会社。それなりに色々あります。
60歳を意識し出した老兵には、心身疲労が蓄積してそろそろ限界なのでしょう。

昨日朝起きると頭がまったく回っていない自分に気付きました。
とてもショックでした。
ここ二週間は意欲が萎えて退職もチラホラ意識してたところです。
大学の講義準備に軸足を置く毎日になってることもあるのでしょうか。

ただ、うつの苦しさを再び味わう状況にだけは、
絶対に戻りたくありません。戻ってはいけないのです。
そのためにわざわざ高収入の前職をスポイルしてまで心の健康を最優先したのですし。
うつ病再発だけは絶対に避けねばなりません。

今日はもう一度ゆっくり考えてみて、
服屋開業へのシフトとあわせて退職の結論を出します。

[PR]

by hinomarufighter | 2017-03-28 06:05 | うつ病

栗山監督から大谷選手への手紙 自由部門

第一回プラチナブロガーコンテスト

以下は日本ハムファイターズ栗山監督の寄稿記事抜粋です。

どうして昨年の日本シリーズを、たくさんのファンの皆さんがテレビで観て、
大谷を応援してくれたのかというと、実は二刀流とかではなく、彼のああいう姿だったんじゃないかと思っている。
毎打席、ファーストに全力疾走するその姿に、ファンの皆さんは心を打たれたに違いないと。

 それを伝えたくて、日本一を決めた翌日、スポーツ新聞に寄せた大谷翔平への手紙に、こう記した。

「いつも厳しいことしか言いませんが、今日は一つだけ伝えます。
 翔平の道がどこにあるのか、翔平のファーストへ向かう姿、走塁にあると思っています。
 投手であっても常に全力で絶対にセーフになってやろうとする姿。
 シリーズでも初戦でベースを踏む際、足首を軽く捻り心配しましたが、最後まであの全てをかけてファーストを駆け抜ける姿を貫きました。

 常に全力を出し尽くす魂。

 そんな姿にしか野球の神様は微笑みません。
 野球の神様に愛されなければ天下は取れないのです。
 二刀流もその最も必要な魂があるからこそ成り立っていると思っています。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「常に全力を出し尽くす魂」ですか。

就職して寮生活を始めるに当たり、家を出る時、
親父が「人の二倍三倍頑張れ」と言って送り出してくれました。
母が「なんちゅうこと言うたんの!コツコツでええよ、可哀想やんか」と横から突っ込み、笑って家を出た記憶があります。

大谷選手には遠く及ばずとも、僕も会社生活では全力投球を愚直に実践して来たつもりです。

実践して寝食を忘れて働いた挙句、重いうつ病を発症…。
それからは、
毎朝「今日も頑張らんとけ〜」と自分に言い聞かせながら、知らぬ間に全力投球モードになる自分と葛藤する毎日が続きました。

そして、先日のブログで、
うつ病発症20年目にしてようやく先月から薬を飲まなくても生活に耐えれるようになって来たとお話しました。

これからの人生、
・必死にならず、いつもリラックス
・行動前に効率的な対応をぼんやり考える
・たまには「こんなもんでいいさ」と自身を緩める
魂はそんな「ユルユルの全力だしつくすモード」で行きたいです(笑)

e0083155_00593322.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2017-01-31 06:04 | うつ病

さらばメンタルヘルス科 自由部門

第一回プラチナブロガーコンテスト

仕事中に倦怠感はあるものの、先月からうつ病の薬を飲まなくても日常生活出来るようになりました。
ゴールの見えなかった、うつ病との葛藤の毎日でしたが、発症20年目にしてようやく薬から解放されました。

うつ病のゴールを迎えました。

しんどかった…。
長かった…。

正直な実感です。

その間、実に色々なことがありました。
文字通り「筆舌に尽くし難い」つらいことが。
近年では二回の休職も経験しましたし、昨年三月の退職前3ヶ月は欠勤ばかりでした。

まずもって、
家族を始め、たくさんの支えがあったからこそここまで来れたことに深く感謝です。
有り難かったです。
おかげで絶望感に苛まれず、何とかやれて来ました。
「暗黒の夜も必ず明ける」ーー自然の摂理をしみじみ、今実感しています。

回復に至った最大の要因は、35年間勤めた会社を思い切って退職したことでしょう。
会社生活が立ち行かなくなったこと。
うつ病をきちんと治して、早く人生のリスタートを切ることが肝要、と悟ったこと。
この二つで退職に踏み切りました。
IKKOさんの
「人生を暗くしてはいけない、自らの手で明るく変えて行こう」の言葉が心に染み入りました。

今もうつ病に苦しむ人達には、
家族を養う、苦労して手にした今の生活を守る等々、
うつ病を克服するための環境の変化に対して、越えねばならない大きなハードルが色々あるでしょう。

そんな中で、うつ病を克服した私からアドバイス出来るとしたら、
人生が再び活性化出来たことの喜びは、様々なハンディを吹き飛ばしてくれますよ。
笑顔が増え、本来の自分らしさを取り戻せますよ。
この二つ。
まずは、あなたがそれを心から願うようになって下さい。

これからも、きっとうつの揺り戻しもあるでしょう。
そんな時は薬の力を借りながら、気負わず気楽に回復を待ちます。
昨年末より勤務している新職場も色々ありますが (笑)、概ねなんとかやれてます。

これからはユルくて穏やかな、自分らしい立ち振る舞いの人生にしたいです。

e0083155_09052956.jpg

京橋の中華料理「金国」にて
※ 残念ながら可愛い娘さん達は僕とは無関係です(笑)

[PR]

by hinomarufighter | 2017-01-21 06:01 | うつ病

2ヶ月ぶりにメンタルヘルス科受診

16日は久々にメンタルヘルス科を受診しました。
構内の木々もすっかり色付き始めています。

e0083155_13480625.jpg
e0083155_13470028.jpg
e0083155_13473913.jpg

主治医に、許可もなく12月から就職することにしましたと話すと、笑顔で「良かったじゃないですか」と言われました。
ドタ _(.”._)~~

「しんどくなったらいつでも辞めるつもりでいる」と言うと、「それでいいんじゃないですか」と主治医。
ドタ _(.”._)~~
「しんどくなっても続けたいと思ったなら、会社にはうつ病のことを正直に話した方が良いですよ」とアドバイスされました。

薬についても「二錠のところを勝手に一錠に減らしてます」て言うと「支障ないならそれで良いですよ」とのことでした。
ドタ _(.”._)~~

次回の診察も2ヶ月後になりました。そんでええんや。
ウンウン、
しんどくなったら辞める〜(๑・̑◡・̑๑)
って、仁義を重んじる僕に出来るんかな…。

とか、ぼんやり考えてたら、
以前に友人から紹介があって、その後なしのつぶてだった母校の非常勤講師の話、
採用方向で進めたいとの連絡が昨夜になって急に舞い込んで来ました。

さて、この時期に及んでどうしたものか…。

[PR]

by hinomarufighter | 2016-11-18 06:57 | うつ病

久々の緑内障検査

糖尿病のヘモグロビン値が前回8.7(正常値は6.9以下)まで上がり、今回は食生活を節制したものの8.4までしか下がりませんでした。
糖尿病は血管の硬化や合併症が怖いので、
なので、今回長らく検査してなかった緑内障の検査に行って来ました。

屈折、精密眼底、精密眼圧、静的量的視野眼底カメラの各検査を受けましたが、
幸い結果は問題ありませんでした。
ホッ。╰(*´︶`*)╯

e0083155_12364081.jpg

詳細な結果では、
静的量的視野眼底カメラ結果で左目が、奥の神経の集まる場所に少し凹みがあるのと、
左下に斜めの線状の暗い部分が見受けられました。
一方、視野検査では満遍なく見えてるようでしたので、点眼等の処置はする必要はないとのことでした。
眼圧も16で正常値。
先生からはヘモグロビン値は依然高いままなので下げるようにとのことでした…。アヒャε-(´∀`; )

何よりも健康が第一。
僕の課題はうつ病と糖尿病。
うつ病は普段からリラックスする時間を増やすこと。リラックス出来るようになること。
糖尿病は食事の節制に引き続き留意し、
来月からは再就職で電車乗車じかんや歩く時間も増えますし、
自転車に乗ったり街歩きして身体を動かす機会を増やして行こうと思います。
検査費用は3900円でした。

[PR]

by hinomarufighter | 2016-11-17 06:07 | うつ病

命の息抜き

再び、しんどい毎日が続いています。

午前中はやりたいことをしてても、午後には猛烈な眠気に襲われて夕方まで寝てしまいます。

母の一周忌、確定拠出年金手続き、ハローワーク詣、家の塗替とか、側から見ると些細なことでも自分には負担になってたのでしょう。
また、今は睡眠薬を止めることにトライ中で、何度も夜中に起きたり嫌な夢を見ることも影響してるかも知れません。
いきなり止めるのではなく、一錠を半錠に減らすことからリトライしてみます。
あと、
メンヘル主治医に「なるべく外に出るように」と言われたのですが、同じ外でも家周りではダメですね。
街や自然豊かなところに出向かなくちゃ。

前回ここで紹介した「しいたけ占い」の今週のアドバイスに面白いことが書かれてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「笑うこと。息抜きをすること」という緑色が出ています。
今週まずあなたに伝えたいこと。それは「焦らないで。大丈夫だから」ということ。
どういうことなのかというと、今順番にみんな疲れが出てきています。
疲れというのはリアルタイムで出るわけではなくて、体が「あ、今疲れを出して回復期に入ろう」とした時に出てきます。
ここ最近のあなたはその疲れが出てきている頃合いなのです。
あなたは元々の気質として「さあ、燃えてきましたよ」と疲れてくると変に燃えていく癖も少しあります。
あなたは頑張れる人だから「これから先もこの量を頑張っていかなければいけない」という未来がすごく生々しくイメージできて嫌になっちゃうのです。
なので今週は「命の息抜き」をしてください。
どうするかと言うとごはんを食べる時、飲める人はお酒を飲む時、ちょっとキッチンに行ってコーヒーを煎れる時。
その時に「ふー、命の息抜き」とつぶやくだけでいいです。
それでね、だいぶ良くなっていくはずだから! 
恋愛面は「え、わかってんの?」と相手に突っかからないで。
命の息抜きをした後「テキトーに」接するぐらいの気持ちで大丈夫。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なーるほど。
焦らずとも大丈夫さっ。
命の息抜きか(๑・̑◡・̑๑)
息抜きの時に「ふー、命の息抜き」とつぶやくのか。

e0083155_23285443.jpg

占いを読んだ日に早速難波に出向き、焼肉屋さん多平で焼肉食べながら昼飲みしました。
ウンウン、旨い焼肉とビール、生き返りますな〜。╰(*´︶`*)╯
命の息抜き、増やして行こー。

e0083155_23303059.jpg

[PR]

by hinomarufighter | 2016-10-23 06:57 | うつ病